コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イガ イガ Tinea pellionella; case-making clothes moth

2件 の用語解説(イガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イガ
イガ
Tinea pellionella; case-making clothes moth

鱗翅目ヒロズコガ科。前翅長 5mm内外。翅は細長く,周縁に長い縁毛がある。前翅は淡褐色で,中央部に3個の黒褐色斑がある。後翅は灰白色。下唇枝は牙状。屋内にすみ,幼虫は毛織物,毛皮,羽毛などを食害し,蓑虫 (→ミノガ ) のような管状の巣管をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イガ
いが / 衣蛾
clothes moth
[学]Tinea translucens

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヒロズコガ科に属するガ。アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカなど広範囲に分布している。幼虫は毛織物など衣類の害虫で、家屋や倉庫内にすむため、その分布は人為的に拡大される。幼虫は小さな白い蓑(みの)をつくり、中から頭胸部を出して毛織物を食べ、老熟すると蓑を固着させて中で蛹化(ようか)する。幼虫態で越冬し、成虫は春から秋にかけ2、3回出現する。温度(25℃)と湿度(75%)の条件がよければ、1年に6世代を営むことができるという。はねの開張12ミリメートルぐらいの微小なガで、家屋内を飛び回っているのがごく普通にみられるが、一般のガと違って、灯火に誘引されることはない。人間生活が毛皮類などを一定の住み家に保存するようになる前は、野生の獣類や鳥類の巣などで毛や羽毛を食べていたものと考えられるが、現在では屋内生活にすっかり適応してしまった。毛織物の保存には、防虫剤を欠かすことができないが、成虫、幼虫とも光を好まないので、虫干しは防除に有効である。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イガの関連キーワードカノコガ衣蛾穀蛾広頭小蛾イガ(衣蛾)ジュウタンガコクガ(穀蛾)シャクガ(尺蛾)ヒゲナガガ(髭長蛾)モウセンガ(毛氈蛾)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イガの関連情報