コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギリス国会議事堂 イギリスこっかいぎじどうBritish Houses of Parliament

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリス国会議事堂
イギリスこっかいぎじどう
British Houses of Parliament

イギリス,ロンドンの中心部ウェストミンスターに所在。かつて宮殿であったことからウェストミンスター・パレス Palace of Westminsterとも呼ばれる。エドワード王が 1050年から 15年の歳月をかけ王宮として建築。1512年の大火後の 1529年,ヘンリー8世が王宮をホワイトホールに移したため宮殿としての機能を失い,1547年以降はセント・スティーブンズ地下礼拝堂に下院の議場が置かれた。1834年の火災でウェストミンスター・ホールとセント・スティーブンズ地下礼拝堂を除いて建物が全焼したため,1836年の設計コンクールで当選したチャールズ・バリーの案により,細部設計をオーガスタス・ウェルビー・ノースモア・ピュージンが担当,1840~65年に再建された。平面は中央に八角形のホールを置き,そこから十字形に突き出た翼屋と,中庭を囲む建物からなる。パーペンディキュラー様式で豊かに装飾された時計塔(→ビッグ・ベン)をはじめ,小塔を戴く外観は,周囲とよく調和している。また屋根がすべて鉄製であることも特徴。ゴシック・リバイバルの重要なものであると同時に,19世紀のイギリス建築を代表する大作である。1987年ウェストミンスター寺院セント・マーガレット聖堂とともに,世界遺産の文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イギリス国会議事堂【イギリスこっかいぎじどう】

ロンドン,テムズ河畔にあるゴシック・リバイバルの代表的建築。設計はバリー,細部の設計はピュージンによる。ビクトリア朝最初の大規模建築で,1840年起工,1860年までに主要部分が完成した。
→関連項目ホワイトホールロンドン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イギリスこっかいぎじどう【イギリス国会議事堂 Houses of Parliament】

ロンドンのテムズ河畔にあるビクトリア朝最初の大規模建築で,ゴシック・リバイバルの代表作。16世紀以来国会の議場に用いられてきたウェストミンスター宮殿が1834年焼失したので,〈ゴシックまたはエリザベス朝様式〉という条件で設計を公募して建設されたもの。当時は〈ウェストミンスター新宮殿〉と呼ばれた。設計者はバリー。細部の設計はピュージンによる。40年起工,60年までに主要部分が完成。屋根の小屋組みは鉄骨造,空調設備も設けられた近代的建築であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

イギリスこっかいぎじどう【イギリス国会議事堂】

ロンドンのテムズ河畔に建つチューダー風のゴシック様式の建築。1857年に完成。全長286メートル。北時計塔はビッグ-ベンの名で親しまれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のイギリス国会議事堂の言及

【塔】より


[近代]
 19世紀のゴシック・リバイバルにおいて,塔のイメージが蘇生する。イギリス国会議事堂(バリー,ピュージン設計,1836‐61)はゴシック様式の世俗建築への適用例であり,時計塔は高さ97m,ビクトリア塔は110mに達する。同議事堂に見られるように,鐘塔にかわって時計台という塔が生まれるのも,近代の特徴である。…

【バリー】より

…イギリスの建築家。イギリス国会議事堂の設計で知られる。ロンドンに生まれ,グランド・ツアー(1817‐20)後しばらくは,セント・ピーター教会(ブライトン,1826)などゴシック様式による聖堂を建て,その正確な様式復元はゴシック・リバイバルの先駆となった。…

【ピュージン】より

…中世主義を信奉し宗教的観点に立ち,《対比Contrasts》(1836)などの著書で,古典主義を厳しく批判しつつ,ゴシック様式を提唱し,実際にセント・ジャイルズ教会(スタフォードシャー,1846)をはじめ多くのカトリック聖堂を設計。バリーとの協同によるイギリス国会議事堂の設計競争(1836)では後期ゴシック風の意匠全般の設計を担当して,1等入選に大きく貢献した。【星 和彦】。…

※「イギリス国会議事堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イギリス国会議事堂の関連キーワードガイ・フォークス・デースコットランドヤードゴシック様式火薬陰謀事件フォークスビッグベン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android