コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギリス領東アフリカ イギリスりょうひがしアフリカBritish East Africa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリス領東アフリカ
イギリスりょうひがしアフリカ
British East Africa

一般に現在のケニアウガンダタンザニアにほぼ相当する地域の旧総称。現在面積約 176万 km2のこの地域にはバンツー系のほか,少数のインド=パキスタン系アジア人,アラブ人,白人などが住む。 1948年に東アフリカ高等弁務官府が設置されたが,これはすでにイギリスの支配下にあったケニア植民地兼保護領およびウガンダ保護領と,1919年に国際連盟委任統治領としてイギリス支配下に入った旧ドイツ領タンガニーカの個々の統治関係を統合するものとして設置されたもので,本部はケニアのナイロビにおかれた。この高等弁務官府はこれら3領地に共通した鉄道,関税,郵便および電気通信などを管轄することになった。しかし 61年タンガニーカが独立して (タンガニーカは 1964年にザンジバルと合併してタンザニアと改称) 同高等弁務官府は廃止され,その機能は新設の東アフリカ共同役務機構に引継がれた。 1962年にウガンダ,63年ケニアが独立。この地域の主産物はコーヒー,綿花,紅茶,サイザルアサ,香料など。鉱物資源は一般に乏しく,近代工業は未発達。商業の中枢部はインド=パキスタン系の商人が支配しており,住民の大部分を占めるバンツー系との間に問題を残している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イギリス領東アフリカ【イギリスりょうひがしアフリカ】

英国植民地時代のケニア,ウガンダ,タンガニーカ,ザンジバルの4地域の総称。英国は19世紀中葉以降,この地域に進出し,同時期に進出してきたドイツとの間でベルリン会議後,協定を結んで勢力範囲を確定したが,当初は両国とも特許会社(英国は帝国イギリス東アフリカ会社)によって統治にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イギリスりょうひがしアフリカ【イギリス領東アフリカ British East Africa】

植民地時代のケニア,ウガンダ,タンガニーカ,ザンジバルの4地域の総称。場合によってはインド洋上のセーシェル諸島も含める。19世紀中葉,イギリス王立地理学協会に支援された探検家やキリスト教伝道師らにより,東アフリカ内陸部の様子が西欧に知られるようになった。イギリスは奴隷貿易の禁止と自国の工業製品の販路拡大のため,沿岸部を支配していたザンジバルのスルタンを保護のもとにおいて内陸部への通商路を確保しようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリス領東アフリカ
いぎりすりょうひがしあふりか
British East Africa

東アフリカ、現在のケニア、ウガンダ、タンザニアにほぼ相当する地域の独立以前の総称。19世紀なかばより、イギリス、ドイツ両国が東アフリカの植民地争奪戦を繰り広げ、19世紀末の協定で、ケニア、ウガンダ、ザンジバルはイギリスの勢力下に、タンガニーカはドイツの支配下に入った。第一次世界大戦後、ドイツ領東アフリカは国際連盟のイギリス委任統治領になった。イギリスはケニア、ウガンダ、タンガニーカの統治を統合するため、1948年東アフリカ高等弁務官府を設置し、鉄道、郵便、通信、関税などを共通に管轄した。しかし、この3国は1960年代前半に相次いで独立した。東アフリカの高原地帯は、コーヒーやワタなどの商品作物の導入とともに、白人植民者の数も多いのが特徴である。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イギリス領東アフリカの関連キーワードジューバ[川]エリオットヘルツルモンバサ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android