コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサベル Isabel

大辞林 第三版の解説

イサベル【Isabel】

(一世)(1451~1504) カスティリヤの女王(在位1474~1504)。アラゴンの王子フェルナンド(1452~1516)と結婚、1479年夫のアラゴン王即位により統一スペイン王国が成立、夫妻で共同統治を行う。1492年イスラム教徒のグラナダ王国を攻略して国土回復を完成。コロンブスの新大陸到達を援助した。イサベラ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

イサベルの関連キーワードマリア・クリスティナ(スペイン王フェルナンド7世の王妃)モンポウ:歌と踊り 第2番/piano soloフェルナンド2世(カトリック王)サンファンデロスレイエス修道院フアン2世[カスティリア王]キャサリン・オブ・アラゴンホアン・ドミンゴ ペロンガルシラソ・デ・ラ・ベガエンリケ4世(不能王)アルフォンソ(12世)メディナ・デル・カンポアルフォンソ[12世]フェリペ1世(美麗王)トペテ・イ・カルバリョフアン2世[ナバラ王]しあわせへのまわり道マリア・クリスティナマリア・クリスティナフェルナンド[2世]ミツバチのささやき

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イサベルの関連情報