コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシイルカ Phocoenoides dalli; Dall's porpoise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシイルカ
Phocoenoides dalli; Dall's porpoise

クジラ目ハクジラ亜目ネズミイルカ科イシイルカ属。体長は雄約 2.4m,雌約 2.2mである。最大体重は約 200kg。出生体長は約 1mである。体色の違いに基づき,イシイルカ型とリクゼンイルカ型に分けられ別称される。いずれも体色は黒色で,体側に白斑を有するが,イシイルカ型よりもリクゼンイルカ型の方が斑が大きく,胸鰭 (むなびれ) 付近まで広がる。また両型とも背鰭は淡色あるいは白色の帯がみられ,尾鰭の後縁は白色で縁どられる。まれに全身黒色のものがみられる。噴気孔は1個で頭部正中線上にある。頭部は小さく,吻端から背鰭に向って非常に太くなる。背鰭は体の中央より前方に位置し,幅広であり,形状はほぼ直角三角形で,先端は鈍く,後方に垂れる。胸鰭は比較的前方に位置する。尾鰭後縁の長さは体長の3分の1未満である。尾柄部にある上下のキール (稜状の隆起) が著しく発達する。上下顎骨に小さいスペード型の歯が左右 23~28対並ぶ。歯はクジラ類中最も小さく,歯ぐきからほとんど突出しない。通常2~12頭程度の群れで行動するが,まれに数千頭の大群をなす。出産期は春と夏。食性範囲は広く,表層から中層に生息する群集性の魚類やイカ類を捕食し,特にハダカイワシ類やスルメイカ類を好む。分布は北太平洋およびその付属海で,北緯 30゜~62゜かけての温帯から亜北極域の深海域に生息する。突棒漁業の対象で,刺網により混獲される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシイルカ
いしいるか
Dall's porpoise
[学]Phocoenoides dalli

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目ネズミイルカ科のハクジラ。体長2メートルぐらいの寒流性のイルカで、北太平洋と隣接海域の沖合いに分布する。頭は小さく、前頭部は短いとがった吻(ふん)で終わる。背びれは三角形で、体高が高く、尾柄上下の隆条(キール)が著しい。歯は小さく幅約2ミリメートル、長さ約10ミリメートル、上下左右おのおの二十数本あり、歯冠部はスペード状をなす。体色に2型があり、イシイルカ型では体側の白斑(はくはん)は肛門(こうもん)から背びれの位置までで、リクゼンイルカ型では胸びれの付け根前後に達する。両型とも背びれと尾びれの後縁が白く、その他は黒色である。千葉県銚子(ちょうし)から南千島東方には後者が圧倒的に多く、その他の海域には前者のみが分布する。まれに全身が黒色の個体もいる。普通2、3頭の群れをなす。夏に交尾と出産をし、生後3~7年で成熟する。三陸地方では毎冬数千頭が突ん棒(つきんぼう)で捕獲され、おもに静岡県で食用にされる。北洋のサケ・マス流し網では年間1万~2万頭が混獲されている。[粕谷俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイシイルカの言及

【リクゼンイルカ(陸前海豚)】より

…ハクジラ亜目ネズミイルカ科の哺乳類。イシイルカPhocoenoides dalli(英名Dall’s porpoise)の体色変異の一つ。体側の白斑が胸びれに達する個体の呼称で,リクゼンイルカ型truei‐type(英名True’s porpoise)ともいう。…

※「イシイルカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イシイルカの関連キーワードリクゼンイルカ(陸前海豚)背びれ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android