コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシガレイ イシガレイ Kareius bicoloratus

5件 の用語解説(イシガレイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシガレイ
イシガレイ
Kareius bicoloratus

カレイ目カレイ科の海水魚。全長約 40cm。体は暗褐色,鰭は黄褐色。眼は体の右側にある。側線は両側ともよく発達する。有眼側には石のように硬い突起が2~3列並ぶ。食用にして美味。日本全土,サハリン,朝鮮に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イシガレイ

カレイ科の魚。地方名イシモチガレイ,イシモチガレなど。全長40cmを超える。舗石状の突起が有眼側に発達する。サハリン〜東シナ海に分布。沿岸性。晩秋から冬に産卵。
→関連項目カレイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

イシガレイ

 [Kareius bicoloratus].北日本に産するカレイ目カレイ科の海産魚.体長40cmほどになる.食用魚.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イシガレイ【stone flounder】

カレイ目カレイ科の魚(イラスト)で,日本の南部から東シナ海,北はサハリンまでの各地の内湾や河口の砂泥底に広く生息する。体は楕円形でうろこはなく,皮膚は滑らかである。有眼側に2~3列の舗石状の突起があるのが大きな特徴であり,名前の由来でもある。ただし幼魚にはない。体色は黄褐色か緑色で,周辺部には白色の円形斑紋が点在する。全長は40cmを超える。産卵は晩秋から冬にかけて30cm以下の浅瀬で行われる。仔魚(しぎよ)は1週間あまりで孵化(ふか)し,2cm前後で眼が移動した後10m以浅の海底に着底し幼魚期をそこで過ごす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシガレイ
いしがれい / 石鰈
stone flounder
[学]Kareius bicoloratus

硬骨魚綱カレイ目カレイ科に属する海水魚。千島列島や樺太(からふと)(サハリン)以南の日本各地の沿岸と朝鮮半島、台湾の沿岸に分布する。鱗(うろこ)がなく、皮膚は円滑である。和名は有眼側の背側と腹側の近くおよび側線の近くの体側に数個の石状の骨板があることに由来する。体色は茶褐色のものが多いが緑褐色のものもある。体や鰭(ひれ)に白色の小斑点(はんてん)が散らばる。
 水深30~100メートルの砂泥底に生息するが、内湾や河口域にもみられる。産卵期は晩秋から冬で、浅所にきて卵を産む。体長30センチメートルの雌ではおよそ80万個の卵をはらむ。孵化(ふか)直後の仔魚(しぎょ)は全長3ミリメートル足らずで、14ミリメートルぐらいに達すると、目が右側へ移動する。稚仔魚は内湾などの沿岸の浅所で生活し、8センチメートルぐらいに成長して沖合いへ移動する。2年で18~33センチメートル、3年で28~40センチメートル、4年で35~46センチメートルぐらいになる。雄は雌ほどの大きさまでには成長しない。海域によって成長差が著しい。多毛類、魚類、甲殻類などを食べる。ヌマガレイとの雑種がときどき捕れ、新種としてオショロガレイの名前がつけられたことがあった。
 底刺網(そこさしあみ)や底引網などで漁獲され、刺身、洗い、煮つけなどにすると美味である。古くは東京湾でとれたものを「江戸前物」として珍重した。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイシガレイの言及

【カレイ(鰈)】より

… 底生魚であり一般に夜間のほうが活発に移動するため,嗅覚(きゆうかく),味覚,さらに水流,水圧を感知する側線器官が発達しているが,とくに浅所で生活している種では視覚も重要な働きをしている。例えばイシガレイ(イラスト)では,敵や餌を探すために眼を盛んに動かすし,着底前の稚魚には強い走光性があることも知られている。また,周囲の色調に合わせて体色をすばやく変化させることがよく知られているが,その際,眼の周囲の底質の色調が全身の体色を決定する。…

※「イシガレイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イシガレイの関連キーワードオヒョウソウハチマガレイヤナギムシガレイカレイアサバガレイオオグチガレイコガネカレイカレイ(鰈)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イシガレイの関連情報