コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イセゴイ Megalops cyprinoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イセゴイ
Megalops cyprinoides

カライワシ目イセゴイ科の海水魚。全長 1.5mになる。体は延長し側扁する。喉板があり,口,眼ともに大きい。尾鰭は深く二叉する。側線鱗数は 36~40で,カライワシに比べて鱗が大きい。体の背部は暗青色,腹部は銀白色レプトケファルス型の幼生期を経る。沿岸性。インド洋,西部太平洋の暖海域に分布する。南方各地では食用となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イセゴイ
いせごい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イセゴイの関連キーワードレプトセファルス海菴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android