コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソツツジ Ledum palustre L.ssp.diversipilosum (Nakai) Hara

世界大百科事典 第2版の解説

イソツツジ【Ledum palustre L.ssp.diversipilosum (Nakai) Hara】

高層湿原に生えるツツジ科の常緑低木(イラスト)。夏,枝先に白色の小さな花を密につける。下部から多くの枝を分けて広がった株を作り,高さ30~100cmになる。若枝には赤褐色長毛が密生する。葉は互生し,短い柄があり,狭披針形で長さ3~5cm,幅5~10mm,革質で縁は裏面にまくれる傾向があり,裏面に白毛と褐色の長毛が密生する。枝先に散房状の花序をつける。花は径1cmほどあり,5枚の花弁が離生して放射相称に並ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソツツジ
いそつつじ
[学]Ledum palustre L. var. diversipilosum Nakai

ツツジ科の常緑低木。高さ約1メートルになり、よく分枝し、若枝には赤褐色の長軟毛を密生する。葉は互生して枝先に集まり、披針(ひしん)形、長さ2.5~6センチメートルで革質、先は鈍くとがり、全縁で縁(へり)が裏に巻き込む。裏面は白色の短毛と赤褐色の長軟毛を密布している。6~7月、白色で径8~10ミリメートルの花が短い総状花序になって、多数集まって開く。花冠は楕円(だえん)形の5片に分かれ、雄しべは10本、子房に白い短毛がある。果実は楕円形、長さ約5ミリメートルの(さくか)で下を向き、熟すと基部から5裂開する。本州の福島県以北の高山、北海道の湿原や湿地に生え、樺太(からふと)(サハリン)、南千島、朝鮮、東シベリアに分布する。鉢植えにして観賞する。ヒメイソツツジは葉が広線形、長さ1~2.5センチメートルで小さく、北海道以北に広く分布する。名は、エゾツツジが誤まって伝えられたといわれている。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イソツツジの関連キーワード川湯温泉(北海道)オヴス釧路湿原国立公園下北半島国定公園アトサヌプリサロベツ原野阿寒国立公園霧多布湿原蝦夷石南花小林義雄川湯温泉高層湿原

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android