コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソプレット

3件 の用語解説(イソプレットの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イソプレット

等値線を描いた図のことだが,気象のほうでは縦軸に特定子午線,横軸に時間軸をとり,その特定子午線上の天気の時間変動を知るために用いるものをイソプレットと呼ぶ。週間予報等に用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イソプレット

英語のアイソプレスisoplethをドイツ語的に読んだもので,縦横に空間軸,または時間軸をとり,その面にある量の値の等しい点をむすんだ線のことである。気象学でいえば,天気図なども広い意味ではイソプレットであるが,ふつうは,一方に時間軸をとり,他に南北,東西,鉛直方向といった空間軸をとり,気圧とか気温などの量の等しい線を引いた図をさす。移動の状況とか,周期性などの模様が,見やすいという利点がある。【高橋 浩一郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソプレット
いそぷれっと
isopleth

二つの変数の関数の等値線。気象学、気候学でよく用いられる。たとえば横軸を時間軸とし、縦軸に高度、経度、緯度などの空間的尺度を刻んだ座標系に、観測された気象要素を記入し、その等値線を引くと、その空間軸を通過する大気の擾乱(じょうらん)(高気圧、低気圧、前線など)の構造がわかる。英語読みはアイソプレスだが、日本の気象関係者はドイツ語読みIsoplethe(ドイツ語)に近い呼び方をすることが多い。[倉嶋 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone