コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタチザメ Galeocerdo cuvier

2件 の用語解説(イタチザメの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イタチザメ【Galeocerdo cuvier】

メジロザメ目メジロザメ科の海産魚。イタチザメの名は属名のGaleocerdoをそのまま訳したもので,英名では体の横縞模様がトラに似ているのでtiger shark(トラザメ)というが,トラザメ科のトラザメとは別種である。全世界の熱帯から温帯にかけての沿岸域に多く,日本では本州中部から沖縄にかけて分布する。吻(ふん)が短く,口の端に長いしわがあることが特徴。小型のときは褐色の横縞が顕著であるが,成長すると不明りょうになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタチザメ
いたちざめ / 鼬鮫
tiger shark
[学]Galeocerdo cuvieri

軟骨魚綱サメ目メジロザメ科に属する海水魚。世界中の熱帯~温帯の海域に広く分布し、日本近海では伊豆諸島以南に生息する。吻(ふん)が短くて丸く、かつ縦扁(じゅうへん)すること、歯に鋸歯(きょし)が強く発達すること、尾柄側面にキール(隆起)が発達することなどが特徴である。さらに体側の横縞(よこじま)が顕著な目印となるが、これは成長に伴って消失する。全長5メートルになるが、7.4メートルの記録もある。大形で、強暴、悪食、沿岸性であるため、「人食いザメ」と恐れられている1種である。生殖方法は卵胎生(らんたいせい)で、平均35尾ぐらいの多数の子を産む。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イタチザメの関連キーワードヨシキリザメシュモクザメホホジロザメ奴智鮫鼠鮫目白鮫葦切鮫頬白鮫めじろんホシザメ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イタチザメの関連情報