コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア王国[現代] イタリアおうこく[げんだい]Regno d'Italia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリア王国[現代]
イタリアおうこく[げんだい]
Regno d'Italia

現代イタリアの王国 (1861~1946) 。 1859~60年にイタリア諸国をサルジニア王国に併合する形で国家統一が実現し,61年3月ビットリオ・エマヌエレ2世にイタリア国王の称号を与えることで成立。 66年にベネト,70年にローマを併合して国家統一をほぼ完成させ,71年ローマに遷都。立憲議会主義政治制度をとったが,実際には制限選挙方式による寡頭支配体制であり,また地方自治を認めない中央集権体制であった。社会的には教皇問題をめぐる国家と教会の対立や南部問題呼ばれる北部による南部収奪など多くの難題をかかえた。 76年までは自由主義右派の政権,76年以降は自由主義左派の政権,20世紀初頭はジョリッティ体制と呼ばれ,第1次世界大戦後の 1922年にファシストローマ進軍によるファシズム政権が発足。 43年にムッソリーニが失脚して反ファシズム運動が強まり,国王ビットリオ・エマヌエレ3世もファシズムとの連帯責任を問われて 44年6月公的生活を退き,皇太子が国王代行となる措置がとられた。しかし国民の君主制に対する批判は解消せず,46年6月の国民投票で共和制支持票が君主制支持票を上回り,イタリア王国イタリア共和国に移行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イタリア王国[現代]の関連キーワード633美の里ニゲルいの(町)吾北炭酸塩岩脈文久サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)東欧史(年表)