コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イッヒ・ロマン イッヒ・ロマン Ich-Roman

2件 の用語解説(イッヒ・ロマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イッヒ・ロマン
イッヒ・ロマン
Ich-Roman

一人称で記述される小説をいうドイツ語。日本の私小説が心境描写に重きをおくのと違い,主人公の体験や運命を個性の成長過程として描いている。対立する語にエア・ロマン Er-Roman (「彼」小説) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イッヒ・ロマン
いっひろまん
Ich-Romanドイツ語

ドイツ語で「私(わたくし)」小説、すなわち第一人称形式小説のこと。この形式では主人公が「私」の姿で登場し、すべてが「私」の視点から物語られる。しかし、主人公の「私」は作者自身ではなく、この形式の小説がそのまま自伝、もしくは体験告白の書ではない(この点、日本のいわゆる「私(し)小説」とは異なる)。ここで問題になるのは、むしろ純粋に物語技法であって、主人公と作者とがあたかも一体であるかのような仮象を与えることにより、物語の迫真性が増し、また主人公の心理描写の可能性が拡大されるのである。この形式が初めて生じたのは、17世紀スペインのピカレスク小説(悪者小説)とされるが、やがて近代小説の特性に合致する手法として広く用いられるようになった。近代精神の発展につれて、物語文学では、かつての古代や中世の叙事詩で典型的にみられるような全体性および客観性にかわって、叙述の個人性および主観性が求められるようになり、小説の主役を「私」として設定することによって、この要求に大幅に応じることができたのである。この用語に対して、ドイツ語では通常の第三人称形式小説をエァ・ロマンEr-Romanすなわち「彼(かれ)」小説と称する。[義則孝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イッヒ・ロマンの関連キーワード逆アセンブル記述サブブランド民謡私小説イッヒロマン逆アセンブラー逆コンパイルテレビ テレビでドイツ語ラジオ まいにちドイツ語ドイ語

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone