コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イナリ[湖] Inarijärvi

世界大百科事典 第2版の解説

イナリ[湖]【Inarijärvi】

フィンランド北部,ロシアとの国境近くにある湖。面積1386km2。約3000の島や岩礁がある。北東から南西にかけて長く,長さ約80km,幅約40km。湖面標高118m,最深部95m。11月初旬から6月初旬まで氷結する。湖水はパーツ川となり,ロシア領を通って北極海に下る。イナリ地方にフィンランド人が住みついたのは18世紀中葉からで,それまではラップ人の居住地であった。古来,漁業が盛んで,湖中のウコンサーリUkonsaari島は,ラップ人が生贄を捧げる聖なる場所だった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android