コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サーミ サーミ Sami

5件 の用語解説(サーミの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

サーミ(Sami)

ラップランドに住む少数民族。原住地はボルガ川流域といわれ、短身・黒髪短頭などが特徴。サーミ語を使用し、伝統的な職業はトナカイの飼育、狩猟、漁労など。サーメ
[補説]かつては「ラップ人」とも呼ばれたが、現在では自称であるサーミを使用することが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サーミ

サーメとも。スカンジナビア半島最北部ラップランド(サーミランド)に住む人びと。ラップLappは蔑称。ノルウェーではフィンとも。ノルウェーに約2.5万,スウェーデンに2万近く,フィンランドロシアコラ半島に若干分布。
→関連項目サーミ語サーミ評議会先住民族そり(橇)ノルウェーフィンフィンランド北極地方ラップランド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

サーミ

イタリア、デルタ社の筆記具の商品名。「インディジナスピープル コレクションシリーズ。2008年発売。スカンジナビア半島北部のラップランド、ロシア北部のコラ半島に居住するサーミ人をイメージ万年筆ボールペンがある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

サーミ【Sami】

スカンディナビア半島北部のラップランドに居住する民族。トナカイ飼育と漁労・狩猟を生業としてきた。「ラップ人」と呼ばれてきたが、この語には侮蔑的なニュアンスが含まれることから、自称であるサーミ(またはサーメ)が用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サーミ
さーみ
SaamiSami

スカンジナビア半島北部からフィンランド北部、ロシア領コラ半島にかけて居住する人々。かつてはラップLappとよばれたが、これは蔑称(べっしょう)であるため、現在ではほとんど用いられない。人口は4~5万といわれるが確実な統計はない。彼らの祖先はボルガ川流域から西進し、紀元前1000年ごろフィン人やエストニア人らと分かれて北進し、スカンジナビア半島から現在のフィンランド全域にあたる地域に分散したといわれる。その後、紀元後100年ころからフィン人、スウェーデン人、ノルウェー人らの北上によって彼らの支配を受けるとともに、フィンランドでは19世紀までに北辺を除いて全地域でフィン人と同化するか駆逐されてしまった。サーミはスカンジナビアに移住してきた当時より、狩猟と漁労を主生業としてきたが、居住地域の相違から、山岳サーミ、森林サーミ、海岸サーミの三つのグループに大別される。
 山岳サーミは内陸の山岳地帯に居住し、少数のトナカイをそり牽引(けんいん)用に飼いながら狩猟を主生業とする人々であった。森林サーミはノルウェー、フィンランド北部、コラ半島の森林地帯に居住し、やはり狩猟を主生業としていたが、湖沼や河川での漁労も大きな比重を占めていた。この両サーミの狩りのおもな獲物は野生トナカイで、わなや落し穴などによる協同狩猟を行い、獲物と猟場を求めて季節的に移動を繰り返していた。しかし、18世紀ころより野生トナカイの消滅によって、飼育トナカイを積極的に増やす傾向が生まれ、おもに山岳サーミの間で大規模なトナカイ遊牧が普及した。これにより彼らのトナカイ飼育は、肉と毛皮を生産するための活動に変わっていく。海岸サーミはノルウェー北部の海岸地帯に居住し、おもに海での漁労に従事していた。彼らは人口的にはもっとも多いとされているが、文化変容が著しく、現在は周辺のノルウェー人漁民とほとんど見分けがつかない。
 サーミの物質文化は周辺の北欧人の影響が強いが、移動に適した円錐(えんすい)形の天幕、防寒用に壁を泥で固めた住居などはシベリアなど他の寒冷地の狩猟民にも共通のものである。また、赤、青などの原色を使った厚手の毛織物の衣装はサーミ独特のものである。彼らの信仰は一般的に元来シャマニズム(シャーマニズム)や自然崇拝などを伴うものであったが、近世以降の布教によってほとんどがルター派のプロテスタントになり、ロシア領だったコラ半島の住民はロシア正教に帰依(きえ)した。
 機械文明が浸透する第二次世界大戦以降は自動車と雪上車の普及でトナカイぞりが消滅し、近代的な村や都市に居住するものが圧倒的多数派となるなど、大きな変貌(へんぼう)を遂げた。しかし、サーミ語の教育を推進し、伝統工芸の職人を養成するなど、独自の文化を保存し、後世に伝える努力も熱心になされている。[佐々木史郎]
『葛野浩昭著『トナカイの社会誌――北緯七〇度の放牧者たち――』(1990・河合出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーミの関連キーワードジョスカンデプレザーンセスカンススカンジナビア山脈スカンピ総好かんタスカン帽大阪ガススカンクススカンプー富沢クロスカントリーコースビスカンアディゼロ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サーミの関連情報