コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イライト イライト illite

4件 の用語解説(イライトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イライト
イライト
illite

アルミニウムに富む泥質ないし凝灰岩質堆積岩中に産する,微細な雲母族鉱物の一般名。化学組成上,白雲母に近いものもあるが,比較的二酸化ケイ素酸化マグネシウム,水に富み,酸化カリウムに乏しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

イライト

三層構造の雲母に似た鉱物で,白雲母とモンモリロナイトの中間に位置するもの.c 軸の格子間距離は10Åである特徴があり,格子が膨張する性質はない.この鉱物グループについて多数の研究が行われた米国イリノイ州に因んで命名された[Grim, et al. : 1937, Grim : 1968].一般的な化学組成は(K, Na, H3O)1-2Al4(Si7-6Al1-2)O20(OH)4である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イライト【illite】

粘土を構成する微細な鉱物(粘土鉱物)の中で雲母型の鉱物の一般名。1937年グリムR.E.Grimらにより,イリノイ州の粘土質堆積岩中の雲母に対して提唱された名称。結晶構造,化学組成は白雲母に類似するが,それに比べ水分,マグネシウムに富み,アルミニウム,カリウムが少ない。結晶構造は層状構造をしており,通常は粉末試料のX線回折分析により,その回折線の特徴から判定する。電子顕微鏡で観察すると,数μ以下の極微細な薄板状粒子で,さまざまな外形(不定形,短冊状,六角形)のものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イライト
いらいと
illite

粘土鉱物の一種。白雲母(うんも)と化学組成上よく似ているが、層間のアルカリイオンが不足している。このため、その不足をヒドロニウムイオンで補っていると考えられている。イライトという名称は微細な白色雲母の総称として使われ、化学組成上いろいろなものを含んでいるので、現在は系列名として取り扱われている。主として頁岩(けつがん)、酸性火山岩、火砕岩(火山砕屑(さいせつ)岩)起源の変質岩中、泥質堆積(たいせき)岩中に広く分布する。ほかの粘土鉱物ほど粘着力はなく、少しぬらした試料をこすると指がすべすべしてくる。アメリカのイリノイ地方の頁岩中から分離されたので、この名がついた。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イライトの関連キーワードカオリナイト滑石粘土鉱物モンモリロナイト珪酸塩鉱物粘土質スメクタイト鉱物組成カーブ粘土質岩化学的風化作用

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イライトの関連情報