コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリリア Elyria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イリリア
Elyria

アメリカ合衆国,オハイオ州北部,クリーブランド西方でブラック川河畔にある都市。 1817年に入植が始り,水車製粉製材が行われた。現在は農業地域の中心地で,各種の工業が発達している。おもなものをあげれば,鋳物自動車部品プラスチックリベット鉄工,金属製家具などである。身体障害児童のためのゲーツ記念病院がある。人口5万 6746 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イリリアの関連キーワードアレグザンダー(Lloyd Chudley Alexander)アレクサンドロス(マケドニア王)イリリア(バルカン半島の地名)ウァレンティニアヌス(1世)旧ユーゴ諸国史(年表)フィリッポス(5世)シュトロスマイエルイリリア(民族)ドゥブロブニクイタリック語派アルバニア文学マケドニア戦争アメリカ合衆国シクスツス3世ユーゴスラビアシュコーデルトンマゼーオバルカン半島ダルマチアエラスムス

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android