イルバート法案(読み)イルバートほうあん(英語表記)Ilbert Bill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イルバート法案
イルバートほうあん
Ilbert Bill

1883年,インド参事会法律委員 C.イルバート (1841~1924) が提出した法案で,それまでヨーロッパ人の犯罪がヨーロッパ人裁判官によってのみ裁判されたのに対して,インド人裁判官にもその権限を与えようとしたもの。イギリス人の激しい反対のため,実質のない修正にとどまり,彼らの人種差別がインド人の大きな反感を買った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イルバートほうあん【イルバート法案 Ilbert Bill】

1883年インド総督リポンの時,その参事会法務委員C.P.イルバートが提出した法案。刑事訴訟法に改定を加え,インド人判事がヨーロッパ人刑事犯を審理できることを内容としていたが,在インドのヨーロッパ人が激しく反対し,総督は翌年原案を全く骨抜きにした形で再提出することになる。このようなヨーロッパ人側の牢固とした人種差別の姿勢は,インド人の民族的意識を強く刺激し,これに対する全国的に組織された自らの継続的運動の必要が叫ばれ,S.バネルジーらを中心に1883年12月カルカッタで全インド国民協議会が招集されたが,これは85年に創立されるインド国民会議派への先駆けとなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イルバート法案
いるばーとほうあん

1883年、インド総督リポンの参事会に法務委員C・イルバートIlbertが提出した法案。インドでのヨーロッパ人の対インド人差別に一定の緩和を加えるべく、刑事犯に限り県レベルでインド人判事がヨーロッパ人を裁判できるとした。しかしヨーロッパ人側の猛烈な反対運動にあい、総督は翌年廃案とした。この事件は、人種差別の激しさを改めて知らされたインド人の民族的感情を刺激し、全国的かつ継続的組織運動の必要性を強く認識させ、1885年の国民会議派設立の糸口となった。[内藤雅雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる