コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターロイキン インターロイキンinterleukin; IL

6件 の用語解説(インターロイキンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インターロイキン
インターロイキン
interleukin; IL

リンパ球大食細胞 (マクロファージ) などが分泌する蛋白質の一種。白血球に対して非常に多様な活性を示す蛋白質の一群をサイトカインと総称するが,そのうち物質的に明確になったものをインターロイキン ILと呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

インターロイキン(interleukin)

リンパ球が産生する、免疫応答の調節に関与する物質。T細胞マクロファージの増殖・活性化、B細胞の分化、インターフェロン分泌促進などの作用を示す。インターリューキン。IL。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

インターロイキン

サイトカイン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

インターロイキン

 免疫反応にかかわるリンパ球の増殖や分裂を誘導するタンパク質因子で,リンパ球やマクロファージが生産する.十数種の分子種が知られている.サイトカインの一つのグループ

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

インターロイキン【interleukin】

リンパ球や単球が生産・放出する、多様な生物活性を示す物質。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

知恵蔵miniの解説

インターロイキン

微量生理活性タンパク質(サイトカイン)の一つのグループ。略称「IL」。30種類以上が知られている。免疫反応に関わるタンパク質因子で、リンパ球やマクロファージなどの免疫担当細胞が産生する。膠原病に代表される自己免疫疾患や、先天性・後天性免疫不全症に関わっていることが知られている。「インターロイキン2」は進行腎細胞ガン、悪性黒色腫の治療に使用されている。2013年8月、兵庫医科大学が、「インターロイキン33」が関係してアトピー性皮膚炎を発症するとの研究結果を発表した。

(2013-8-9)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

世界大百科事典内のインターロイキンの言及

【リンホカイン】より

…おもなものにマクロファージ遊走阻止因子macrophage(migration)inhibitory factor(MIFと略記),白血球遊走阻止因子leucocyte inhibitory factor(LIFと略記),リンパ球の分裂を促進するマイトジェン因子mitogenic factor(MFと略記),リンホトキシンlymphotoxinなどがあり,インターフェロンをも含めることがある。なお,近年では広義にマクロファージが産生するモノカインmonokine(インターロイキンinterleukin‐1ともいう)や非リンパ球が産生するサイトカインcytokineなどをも含める場合が多い。免疫【松山 正】。…

※「インターロイキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インターロイキンの関連情報