コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インダス文字 インダスもじ

2件 の用語解説(インダス文字の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

インダス文字【インダスもじ】

インダス文明の残した絵文字ハラッパー出土の印章に,動物や神,人間の姿とともに彫られている。変種をいれて400ほどあるが,250字くらいと推定される。多くの試みにもかかわらず,解読されていない。
→関連項目モヘンジョ・ダロ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インダス文字
いんだすもじ

インダス文明に用いられた文字。400種近くの文字が知られている。ロシア連邦北ヨーロッパインドチームコンピュータを用いて解読作業を進行中であるが、まだ解読されていない。おそらくは音標文字に近いものであったと思われ、その言語は原ドラビダ系と推定される。文字は概して凍石製方形印章や銅製小片、まれに土器上にも陰刻されるが、その字数は多くなく、最長の刻文でも17字。右から左に書かれ、2行目は逆となっている。[小西正捷]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のインダス文字の言及

【インダス文明】より

…商業活動で重要な秤のおもりは石製で,二進法と十進法が併用されていた。
[インダス文字]
 普通2~5cm平方の凍石製印章は,メソポタミアの回転して押印する円筒印章と異なり,表にインダス文字と動物などを陰刻し,裏にこぶ状のつまみをもっている。文字は印章のほかにも刻まれ,基本字数400と簡単な文法がしられ,ドラビダ語の特徴を具備する。…

【インド系文字】より

…インドを中心として,チベット,東南アジア等の同一の系統に属する文字の総称。20世紀に入り,1920年から21年にかけて発掘が行われたハラッパー,22年から始まったモヘンジョ・ダロなどの遺跡から発見された印章や陶片に刻まれているインダス文字は未解読のままである。 圧痕,刻銘が一定であり,一つの印章に刻まれている文字は平均6,多くて17文字,書字方向は右から左で,2行にわたるときは逆になる,いわゆる〈牛耕式〉であることなどがわかっているだけである。…

※「インダス文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone