コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インド省 インドしょうIndia Office

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インド省
インドしょう
India Office

イギリスのインド植民地統治のため設置された官庁。 1858年イギリス国王の直接統治が開始されると,行政部門の一つとして発足した。インド担当国務大臣が統括し,本国における統治事務を処理した。そのもとに審議機関としてインド評議会がおかれ,インド担当国務大臣の行動を制限する権限があった。インド省,評議会経費は植民地側が負担した。その後インド省の役割に大きな変化はなかったが,1919年にはインド統治に関する経費は本国側が負担するようになり,参事会の構成と権限は縮小,大臣の権限についても修正された。さらにイギリス駐在インド高等弁務官をおいて,インド政庁の本国における代理者の職務をこれに移管した。 35年の「統治法」により評議会が解散され,同時に大臣の権限も縮小された。以後 47年インド,パキスタンの分離独立まで続いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インドしょう【インド省 India Office】

英領インドおよびインド藩王国の統治を担当したイギリスの中央官庁。インドがイギリス東インド会社の所領からイギリス国王(当時は女王)の所領に移管された1858年に設置された。イギリスの植民地統治はインドを担当するインド省とその他を担当する植民地省のあいだで分担され,1925年からは自治領を担当するために植民地省から分かれた自治領省が加わった3省の分業によってイギリス帝国の経営が行われた。インド省の活動は実際にはインド政府を通してなされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

インド省の関連キーワードフレデリック・ウィリアム トマスクレメンツ・ロバート マーカムインド統治法海峡植民地ケインズリットンユールレビ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インド省の関連情報