インフォーマル・グループ(英語表記)informal group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インフォーマル・グループ
informal group

非公式集団。企業や官庁その他のフォーマルな集団や組織のなかにみられる私的相互関係より成る集団をいう。ホーソン実験により「第1次集団の再発見」として評価された。その特質は自然発生的であり,面接的な心理集団であり,他の目的によってではなく結合すること自体を目的として,感情の論理に従い流動的,非制度的に行動することにある。そのため官僚的巨大組織における人間性回復の手段としてインフォーマル・グループを有効に利用して,官僚制の弊害を緩和しようとする考えが生れた。これを人間関係的アプローチという。 (→フォーマル・グループ )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

インフォーマル・グループ

非公式小集団。一定の目的を達成するために目的合理的に構成されたフォーマルな組織(経営体・官庁など)内に生ずる第1次集団のこと。〈親密な対面的交際ないし協力〉を基本的な特徴とし,クリークはその典型。G.メーヨーらの〈ホーソン実験〉以後,注目されるようになった。企業や官庁のなかでインフォーマル・グループを中核として形成される〈インフォーマル組織〉は,フォーマルな組織の現実的な構造としてその従業員の態度や感情に強い影響を与えており,産業社会学や,とくにヒューマン・リレーションズにおいて重視される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

人材マネジメント用語集の解説

インフォーマル・グループ

・informal group
・企業内で公式に構築された組織・グループではなく、従業員が自然発生的に組織する非公式な組織やグループのこと。
・企業風土や公式な組織の意思決定等に大きな影響を与える場合もある。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

インフォーマル・グループ

組織の中で諸個人が自然発生的に形成する集団のこと。非公式集団と訳され、フォーマル・グループと対比して用いられる。たとえば職場やサークルの仲間、友人同士など、小規模で直接顔を合わせる関係であり、相互作用を通じて、形式的な役割分担の枠を越えた人格的な結びつきを強めようとする。フォーマル・グループの内部でインフォーマル・グループが形成されると、集団としてのモラール士気)の向上につながることがある。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インフォーマル・グループ
いんふぉーまるぐるーぷ
informal group

企業体や官公庁など合理的な仕組みをもつフォーマルな職場組織の内部に自然発生する非公式な集団。元来は産業社会学の用語であるが、今日では経営学やリーダーシップ論にも応用される。フォーマル組織の合理的な制度に適応しきれず欲求不満に陥る人間にとって、インフォーマル・グループは、人間的な情緒性や個性の触れ合いを通じて人格的に参加できる準拠集団となり、仲間の社会的承認によって心理的に安定できる貴重な場となる。そこには暗黙の集団規範や道徳律ができ、各人はそれにより思考や行動の様式を制約されるが、この非公式な規範は、メンバーが人間的に了解し適応できるうえ、集団から孤立して心理的よりどころを失うことをおそれるので、彼らは自発的に服従して集団の維持を図ろうとする場合が多い。フォーマル組織との関係については、その目的遂行活動を妨げたりゆがめたりするとしてインフォーマル・グループの逆機能が論じられることが多かったが、最近では両者は相互依存、補完関係にあるものとして複合的にとらえる見方が生じている。とくに、集団主義的慣行をもつ日本の職場では、独特の義理や甘えの論理も通用する各種のインフォーマル・グループが存在し、それらを活用してフォーマル組織の合理性に有機的につなぐための仕組みがくふうされており、経営管理活動においてもそれが積極的に応用されていることが多い。[杉 政孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android