インフレ・ヘッジ(英語表記)inflationary hedge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インフレ・ヘッジ
inflationary hedge

インフレーションにより貨幣価値が下落し,また金融資産の価値が減価する場合,それを防ぐために土地,建物,金などのいわゆる実物資産や株式などの他の資産を買うことをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

インフレ・ヘッジ

物価上昇(インフレ)による保有資産の目減り(減価)を回避する手段。具体的には、一般に現金や預貯金、公社債などはインフレに弱く、不動産や株式、金などは長期的にはインフレに伴って値上がりするのでインフレに強いとされるが、そうしたインフレに抵抗力があるとされる資産に投資することをいう。しかし実際はインフレの原因や状況によっては、資産価格の上昇がインフレを吸収できないことも多い。例えば、オイルショック以前の米国のインフレはコストプッシュによるものであった。そのため、コスト上昇が企業収益を圧迫し、株価も不振を強いられたため、必ずしもインフレを吸収できなかった。

(本庄真 大和総研監査役 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android