イースト・ロンドン(英語表記)East London

世界大百科事典 第2版の解説

イースト・ロンドン【East London】

南アフリカ共和国ケープ州のインド洋岸にある港湾都市。人口10万2325(1991)。イギリスが1847年に建設した軍事基地に,グラモーガン城が築造されたのが町の最初であった。バッファロー河口にあり,町はポート・レックスと命名され,48年にポート・オブ・イースト・ロンドンとしてケープ植民地に併合された。ケープ・タウン,ダーバンおよびオレンジ自由州(現,自由州)方面への鉄道と道路により,1947年に大型ドックが完成してからは,商工業都市として急速に発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android