コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィキリークス ウィキリークスWikileaks

4件 の用語解説(ウィキリークスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウィキリークス(Wikileaks)

匿名で投稿された内部告発情報をインターネット上で公開するウェブサイトオーストラリアの元ハッカーが中心となって2007年に創設。非営利のメディア組織によって運営されている。重要なニュース・情報を一般公開することを活動の目的に掲げ、各国政府・企業などの内部情報を暴露。2009年にアムネスティインターナショナルの人権報道賞を受賞したが、2010年には米国務省外交公電を公表して物議を醸した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ウィキリークス

豪州出身で元ハッカーのアサンジュ代表らが、2006年に創設。内部告発情報をサイトで公表している。昨年4月、イラクで2007年に米軍ヘリが民間人を射殺する様子を撮影した内部ビデオを暴露し、一躍有名になった。昨年11月に公表を始めた米外交公電は、国務省や274の米在外公館が1966年12月28日~昨年2月28日にやり取りした計25万1287件。

(2011-09-22 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウィキリークス

匿名による内部告発や機密情報の公開を専門とするインターネットサイト。公開情報の対象は,国家機密から企業の内部情報,個人情報まで多岐にわたる。創設者はオーストラリア出身のジュリアン・アサンジュで,ノルウェーに拠点をもち,資金の大半は世界中からの寄付により,約1200名のボランティアが活動しているといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィキリークス
うぃきりーくす
WikiLeaks

政府、民間企業、宗教など各種団体の機密情報を匿名で公開する告発サイト、および同サイトを運営する民間非営利組織NPO)の名称。使用するコンテンツ管理システムWikiWiki(ハワイことばで速いという意味)と、漏洩(ろうえい)を意味する「リークスleaks」を組み合わせた造語である。2006年、オーストラリア国籍の元ハッカー、アサンジJulian P. Assange(1971― )が欧米やアジアのジャーナリストらと創設した。事務所をもたず、10人程度のスタッフと1000人を超えるジャーナリスト、IT技術者らが運営に協力しているとされ、運営資金の大半は寄付でまかなわれている。おもに内部告発者が機密情報を投稿し、高度な技術で匿名性を守る仕組みをとっている。世界中にサーバーが分散し、ある国のサイトが閉鎖されても別の国のサイト表示が可能なシステムとなっている。2010年には、アメリカ政府の外交公文書やイラク戦争時のアメリカ軍による民間人殺傷動画などを暴露して世界的な注目を集めた。日本関係では2011年(平成23)に、在日アメリカ海兵隊のグアム移転に関するアメリカ政府公電情報が暴露された。
 ウィキリークスに対しては、ネット時代の「言論と報道の自由」を守る新たなメディアであると評価する声がある一方、外交文書を公開されたアメリカ政府は「国際社会に対する攻撃である」と強く非難している。オーストラリア、中国、ドイツ、タイ政府などもサイトの削除や検閲、関係者の捜索などを実施した。2010年11月、スウェーデン政府は性的暴行容疑でアサンジを国際手配し、12月にイギリスで逮捕した。マスメディアでは、アメリカの『ニューヨーク・タイムズ』、イギリスの『ガーディアン』、フランスの『ル・モンド』、『朝日新聞』などの新聞がウィキリークスの公開情報を掲載した。一方、「情報が本物かどうか検証する手だてがない」「社会秩序を崩壊させる恐れがある」などと否定的な論調をとるメディアも少なくない。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィキリークスの関連情報