コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィッティヒ ウィッティヒWittig, Georg

2件 の用語解説(ウィッティヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィッティヒ
ウィッティヒ
Wittig, Georg

[生]1897.6.16. ベルリン
[没]1987.8.26. ハイデンベルク
ドイツ有機化学者。テュービンゲン大学に入学したが,第1次世界大戦のため学業を中断,マールブルク大学に再入学。 1926年学位取得。マールブルク大学 (1926) ,ブラウンシュワイク工科大学 (32) ,フライブルク大学 (37) ,テュービンゲン大学 (44) で教え,ハイデルベルク大学教授 (56) ,同大学名誉教授 (67) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィッティヒ
うぃってぃひ
Georg Wittig
(1897―1987)

ドイツの化学者。ベルリンに生まれる。チュービンゲン大学に入学するが、第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)したため中退、戦後はカッセル大学、マールブルク大学で学び、1926年博士号を取得した。1932年ブラウンシュワイク工科大学で学科主任、1937年フライブルク大学で准教授、1944年チュービンゲン大学で教授を歴任、1956年ハイデルベルク大学教授となり、1967年まで務め、退職後は同大学の名誉教授になった。
 ウィッティヒは、有機化学分野の研究を続けていくなかで、1942年に、フェニルリチウムの作用でエーテル類をアルコールに転位させるウィッティヒ転位を発見した。また1954年に、リンの有機化合物であるアルキリデンホスホラン(ウィッティヒ試薬)をカルボルニル化合物に作用させ、アルケンを合成するウィッティヒ反応を発見した。この反応は、ビタミンAなど多くの天然化合物の合成に広く用いられるようになった。1979年に「リンを含む化合物の試薬の有機合成における利用」に対して、ノーベル化学賞が与えられた。アメリカの化学者ブラウンとの同時受賞であった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウィッティヒの関連キーワードフィリピン革命帝国大学オールコック大韓帝国京都大学京都大学東京大学ドイツ映画日本映画美文

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone