コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーナー Wiener, Norbert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーナー
Wiener, Norbert

[生]1894.11.26. ミズーリ,コロンビア
[没]1964.3.18. ストックホルム
アメリカの数学者で,サイバネティクスの創始者。幼少の頃から神童といわれ,高校を卒業して,タフツ・カレッジに入ったとき (1906) は,わずか 11歳であった。ここで生物学,数学に興味をもつ。その後,ハーバード大学大学院,コーネル大学大学院で動物学,哲学を研究,再びハーバード大学大学院に戻り,1913年,数理哲学に関する論文で 18歳で学位を取る。同年渡英し,ケンブリッジ大学で B.ラッセルに指導を受け,さらにドイツに移り,ゲッティンゲン大学で D.ヒルベルトに学ぶ。再びケンブリッジに戻って G.H.ハーディの指導を受ける。その後,ハーバード大学哲学講師,マイン大学数学講師,電気会社技師,新聞記者などをし,第1次世界大戦中は弾道学の研究をしていたが,マサチューセッツ工科大学数学講師となり (19) ,この頃から調和解析や確率過程 (特にブラウン運動) の研究を始める。そのなかでも特に重要な結果は,30年に"Acta Mathematica"誌に発表された「一般調和解析」である。 31年には E.ホップフと共同で予測理論の研究を始めた。マサチューセッツ工科大学教授 (32) 。 30年頃から,ハーバード大学医学部の教授たちと,動物の調節機構を中心として研究を進め,一方,予測理論を通信に応用して,通信文から雑音を取除き,もとの通信文を統計的に予測する問題を解決した。これらの研究を統一したのがサイバネティクスで,それは"Cybernetics: or,Control and Communication in the Animal and the Machine" (48) の名で発表された。その思想はただちに世界各国の学者の間に広まった。その後,メキシコ,パリ,インドなどで研究をしたが,64年,アムステルダム中央知能研究所の客員教授として招かれ,ストックホルムで心臓発作のため死去した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウィーナー(Norbert Wiener)

[1894~1964]米国の数学者・情報科学者。物理学・電気通信工学・神経生理学など、広く研究。人工頭脳・サイバネティックス提唱者。著「サイバネティックス」「人間機械論」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウィーナー

米国の数学者,電気工学者。英才教育により9歳で高校進学,14歳でハーバード大学大学院に進む。数学,数理哲学,動物学などを研究。編集者,新聞記者など雑多な職を経て1919年マサチューセッツ工科大学に入り,1932年教授。
→関連項目シャノン情報理論

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーナー【Norbert Wiener】

1894‐1964
アメリカの数学者。サイバネティックスの創始者として知られている。早くから英才教育をうけ,9歳で高校進学,14歳でハーバード大学大学院に進み動物学を専攻したが,すぐに進路を誤ったことに気付きコーネル大学で哲学を学ぶ。奨学金でヨーロッパに留学,ケンブリッジ大学でB.ラッセルに師事し,彼の勧めによって数学に専念。1915年アメリカに帰り,19年マサチューセッツ工科大学数学科に職を得て,32年教授となり,以後ここに勤務した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウィーナー【Norbert Wiener】

1894~1964) アメリカの数学者・電気工学者。確率・計算機・自動制御などの研究を経て機械と生物を含む系の制御・通信などを扱う総合的な情報科学であるサイバネティクスを提唱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ウィーナー

生年月日:1907年3月16日
アメリカの血清学者
1976年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のウィーナーの言及

【サイバネティックス】より

…1947年にアメリカの数学者N.ウィーナーによって提唱された一つの学問分野。厳密な定義はないが,一般には,生物と機械における通信,制御,情報処理の問題を統一的に取り扱う総合科学とされている。…

【雑音】より

…雑音の理論は大きな理論分野を形成している。とくに第2次世界大戦中にN.ウィーナーは,レーダー信号の処理に従事している間に,雑音理論の重要性に気づき,定常雑音中の信号の予測とろ波の理論を確立した。ウィーナーの理論は,その後通信工学,制御工学などに大きな影響を与え,情報理論の発展に大きく寄与している。…

【情報科学】より

…生体系にせよ機械系にせよ,システムとして整合のとれた動作を行うためには,情報の活用が不可欠である。1947年N.ウィーナーはサイバネティックスという新しい学問を提唱し,通信と制御を中心に両者に共通の情報原理を考察した。これは従来の対象別個別の研究の枠を超えて,生体から機械まで情報を主体として統一的に捉える新しい情報科学の成立を宣言する哲学であった。…

【ブラウン運動】より

… ブラウン運動の理論はさらに,確率過程の例題として,より美しい数学的形式にみがき上げられていく。ポーランドのM.vonスモルコフスキー,ドイツのフォッカーAdriaan Daniël FokkerおよびM.プランク,フランスのP.ランジュバンによって発展され,さらにのちにはN.ウィーナーにより確率過程の数学の一部門にもなっていく。フォッカー=プランクの方程式は微粒子の位置と速度の確率分布関数がみたすべき方程式であり,ランジュバン方程式は微粒子の運動方程式で,速度の減衰項や外力(重力)のほかに,ランダム・ノイズとしてのゆらぐ力を含んでいる。…

※「ウィーナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィーナーの関連キーワードスピノラ(Christoph Roias de Spinola)ウイナー(Alexander Solomon Wiener)ウィナー(Alexander Solomon Wiener)シャノン(Claude Elwood Shannon)アルトマン(Hans Carl Artmann)ウィーナー(Norbert Wiener)ウィナー(Norbert Wiener)ウイナー(Norbert Wiener)ハンス・カール アルトマンウィーナー‐ヒンチン関係式オックスフォード英語辞典サイバネティク・アートクロスターノイブルクピーター ラックスマクシミリアン1世人間機械論(哲学)ランドシュタイナーシュテファン寺院ウィーナー過程フィードバック

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィーナーの関連情報