コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイルス肝炎 ういるすかんえんviral hepatitis

知恵蔵の解説

ウイルス肝炎

A型、B型、C型、D型、E型、G型などが知られている。A型肝炎はいわゆる流行性肝炎で、A型肝炎ウイルスによって起こる。潜伏期は15〜45日、経口感染によってうつる。急激に発症して38℃前後の熱が続き、全身倦怠感、吐き気、嘔吐、黄疸(おうだん)を伴う。秋から冬に多いなどの特徴がある。B型肝炎B型肝炎ウイルスが原因で、潜伏期は50〜180日。輸血、母子感染などが原因となる。ワクチンの効果で母子感染は急激に低下した。疲労感、吐き気、嘔吐、黄疸などの症状がある。時には発疹、関節炎、糸球体腎炎が見られる。B型肝炎は慢性化しやすく、肝硬変肝がんに進む可能性がある。C型肝炎は、日本人の約2%がC型肝炎ウイルスを保有し、国内に90万人の患者がいると推定されている。特徴は、慢性化しやすく、肝硬変や肝がんに移行しやすいこと。肝がんの60%がC型によるといわれている。感染の多くは、輸血、非加熱血液製剤の投与などの医療行為による。治療にはインターフェロンと抗ウイルス薬リバビリンとの併用療法が試みられている。D型肝炎は血清肝炎で、E型肝炎はA型と同じ流行性肝炎。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

食の医学館の解説

ういるすかんえん【ウイルス肝炎】

《どんな病気か?》


〈A型、B型、C型などの肝炎ウイルスの感染で起こる〉
 肝炎(かんえん)とは、肝臓に炎症の起こった状態で、1~2か月以内で治るものを急性肝炎、6か月以上続くものを慢性肝炎といいます。最大の原因はウイルス感染で、日本でみられるおもな肝炎ウイルスにはA型、B型、C型などがあります。
 肝炎ウイルスの感染経路としては、A型はウイルスに汚染された飲食物を口にすることで感染する経口感染になります。B型は性行為や注射の使い回しなどからの感染です。C型は輸血・血液製剤・注射などからの感染ですが、現在ではあまりみられなくなっています。
 急性肝炎の症状は、かぜとよく似ており、発熱や嘔吐(おうと)などが現れますが、それに食欲不振や倦怠感(けんたいかん)が加わることが特徴で、数日後に黄疸(おうだん)がでることもあります。
 肝臓は「沈黙の臓器」といわれるように、慢性肝炎では自覚症状のないことも多く、放置した結果、肝硬変(かんこうへん)(「肝硬変」参照)に移行する場合も多いので、定期的に検査を受けることが必要です。

《関連する食品》


〈いたんだ肝臓の修復に欠かせないたんぱく質〉
○栄養成分としての働きから
 急性肝炎の発病初期には発熱や嘔吐などの症状があるため、流動食やおかゆにし、食欲がでてきたら、なるべく早くふつう食にもどし、たんぱく質、ビタミン、ミネラルを十分とるようにします。
 エネルギーが不足すると肝機能の回復がおくれますが、とりすぎても脂肪が肝臓にたまって回復がおそくなります。急性肝炎の発病初期(肝機能の値が高いとき)や慢性肝炎では、1日2000kcalを目安にします(急性肝炎の回復期は2300~2500kcalに)。
 昔から「肝臓病にはシジミ」といわれていますが、シジミには良質のたんぱく質が多く含まれ、アミノ酸スコアが95点です。

 たんぱく質は、いたんだ肝細胞を修復するのに欠かせない栄養素であり、シジミがよいというのは理にかなっているのです。もちろん、たまごや牛乳、魚、肉、納豆やとうふなどのダイズ製品もおすすめです。
 肝臓は、ビタミンの貯蔵庫でもあります。肝臓が正常に働いていれば、ビタミンの摂取量が不足してもストック分で補うことができますが、肝機能が低下すると貯蔵量も減り、疲労感が強くなります。各種ビタミンを十分にとりましょう。
 なかでも、ビタミンCには抗ウイルス作用があり、肝炎の回復に有効です。たんぱく質とビタミンCを両方含むエダマメなどは最適。また、ビタミンCはミカンなどの柑橘類(かんきつるい)に多く含まれています。
 肝機能を強化する働きのあるタウリンや、肝臓の解毒機能をうながすクルクミン、グルタチオンも効果的です。
 タウリンはシジミやアサリに、クルクミンはウコンの根からとれる香辛料ターメリックやウコン茶に、グルタチオンはレバー、タラ、アカガイ、ブロッコリーなどに含まれています。
 アルコールは肝臓に大きな負担をかけるので、禁酒して肝臓を休めることも忘れずに。

出典 小学館食の医学館について 情報

ウイルス肝炎の関連キーワード老化にともなう消化器の病気と症状自己免疫性肝炎(AIH)おもな感染症と病原体子どものウイルス肝炎ウインドウ・ピリオド非A非B(型)肝炎妊娠中の健康管理小児難治性肝疾患フィブリノゲン肝機能検査法難治性肝疾患薬剤性肝障害西岡久寿弥劇症肝炎織田敏次

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウイルス肝炎の関連情報