ウインチ(英語表記)winch

翻訳|winch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウインチ
winch

巻胴にワイヤロープや鎖を巻取り,重量物を引寄せたり,吊上げたりする簡便な物上げ機械。土木・建築現場,鉱山,船舶,その他で広く使われている。力を増大させるために駆動軸と巻胴の間に減速歯車装置を設ける。駆動方法によって次のように大別される。 (1) 手巻ウインチ 枠組みの中にある巻胴を,歯車を介してハンドルで回すもの。巻上げ容量は 0.2~5t程度。 (2) 工事用ウインチ 原動機を備えているもので,巻胴の数により単胴,複胴,多胴の形式がある。原動機を回転させておき,作業時にはクラッチを断続させて巻胴を操作する。単胴で 10~30馬力,ロープ速度毎分 30~50m程度。 (3) 小型ウインチ 電動機や減速歯車装置を巻胴と一体にし,(2) を小型・簡便化したもの。いずれもバンドブレーキや爪車装置を備え,巻降ろし速度の調節や吊下げ保持をする。油圧駆動式のものも製作されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウインチ(winch)

円筒形の巻き胴を回転させ、それにつけたロープや鎖などを巻き取ったり戻したりして重量物を上げ下ろしする機械。巻き上げ機。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ウインチ【winch】

水平においた円筒状の巻き胴に取りつけた鋼索またはチェーンを巻き取って、重い物を引き寄せたりつり上げたりする機械。巻き揚げ機。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ウインチ

〘名〙 (winch) ワイヤーロープや鎖を円筒形の巻き胴に巻き取って、重量物を巻き上げたり引き寄せたりする機械。巻き上げ機。
※海底軍艦(1900)〈押川春浪〉三「はや一団の水夫等は捲揚機(ウインチ)の周囲に走せ集って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android