コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルゲラン ウェルゲラン Wergeland, Henrik Arnold

3件 の用語解説(ウェルゲランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルゲラン
ウェルゲラン
Wergeland, Henrik Arnold

[生]1808.6.17. クリスティアンスン
[没]1845.7.12. クリスチャニア(現オスロ)
ノルウェーの詩人。牧師の子に生れ大学では神学を学んだが,植物学,歴史,医学などに興味を寄せたり,けんかや恋愛にも情熱を燃やし,早くから若い世代の指導者になった。当時ノルウェーはようやく独立をかちとったが,久しいデンマークの統治で文化もデンマーク化していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウェルゲラン【Henrik Arnold Wergeland】

1808‐45
ノルウェーの国民的詩人。祖国の文化的自立をめざし破格の熱情と独創性を示した。《詩集第1集》(1829)の青春詩の中心には,半ば幻想的な理想の女性ステラの姿がある。代表作《創造・人間・救世主》(1830)は標題どおりの3部からなる壮大な劇詩。革命思想に染まり,伝統を重んじる詩人ウェルハーベンとの確執は有名である。1838年に牧師資格を得て〈人民の教師〉たらんとしたが拒否された。【毛利 三弥】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェルゲラン
うぇるげらん
Henrik Wergeland
(1808―1845)

ノルウェーのロマン派詩人。ノルウェー憲法の制定に従った牧師の子として生まれ、大学では神学のほか植物学、医学などを学んだ。急進的な愛国者として全国を講演旅行して歩き、それまで支配的だったデンマーク文化を排斥して民族的な国民文化の創成に努めた。代表作の長編叙事詩『創造、人間および救世主』(1830)は、人類の無限の進歩、人間精神の究極の勝利に対する絶大の信頼に貫かれた力強い作。デンマークとの協調を説いた詩人ウェルハーベンとの激しい論争は有名。ノルウェー独立期の国民詩人として大きな影響を与えた。ほかに『ヤン・ファン・ホイムスの花の絵』『イギリス水先案内人』などがあり、短い叙情詩にも優れた作がある。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェルゲランの関連キーワードウェルハーベンクビスリングダルウィーシュノルウェーノルウェージャンフォレストキャットノルゲノルウェー室内管弦楽団ノルウェー放送管弦楽団ノルウェー・クローネノルウェジアン・エルクハウンド

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone