コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォラストン ウォラストン Wollaston, William Hyde

6件 の用語解説(ウォラストンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォラストン
ウォラストン
Wollaston, William Hyde

[生]1766.8.6. ノーフォーク
[没]1828.12.22. ロンドン
イギリスの化学者,物理学者ケンブリッジ大学で医学を修め (1793) ,1797年開業したが,学問的関心は物理学,化学,天文学,植物学の多岐にわたった。 1804年可鍛性の白金を得る方法を開発して,タングステンモリブデンなど遷移金属の精錬,加工の道を開き,その後の化学,産業の発展に重大な影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウォラストン(William Hyde Wollaston)

[1766~1828]英国の化学者・物理学者。白金鉱石の分析を通して新元素パラジウムロジウムを発見。また、可鍛性(かたんせい)白金の製法を考案し、極細の白金線(ウォラストン線)の作成に成功するなど、多岐にわたる業績をあげた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウォラストン

英国の物理学者。初め医師。きわめて細い白金線(ウォラストン線)を作る方法を発見後,物理学,化学の研究に転じ,電流やスペクトルを研究,パラジウム(1803年),ロジウム(1804年)を発見,反射測角器方解石直角プリズム2個をはりあわせた偏光プリズム(ウォラストン・プリズム),2枚のレンズをはりあわせて収差を除いたウォラストン・レンズなどを発明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウォラストン【William Hyde Wollaston】

1766‐1828
イギリスの化学者,生理学者。ケンブリッジ大学で医学を学び,しばらく開業していたが,1800年に本来興味をもっていた化学の研究に転じた。02年にパラジウムを,2年後にロジウムを発見した。また,可鍛性のある白金を得る精製法を確立し,光学機器の十字線などに用いられるごく細い白金線(ウォラストン線)を作った。精度の高い反射式ゴニオメーター(測角器)を作り結晶学に貢献,さらに,方解石の直角プリズムを2個はり合わせた偏光プリズム(ウォラストンプリズム)や,2枚のレンズをはり合わせて収差を除いたウォラストンレンズなど数多くの光学機器の改良や発明があり,このほかにも太陽スペクトルの黒線を観測したり,アミノ酸の一種であるシスチンを発見するなど,彼の業績は広範囲にわたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ウォラストン【William Hyde Wollaston】

1766~1828) イギリスの化学者・物理学者。極細の白金線(ウォラストン線)の製法を案出。白金鉱の分析から新元素パラジウム・ロジウムを発見。また、レンズやプリズムなど光学機器の改良・発明や太陽スペクトル中の暗線(今日のフラウンホーファー線)の発見など業績は多岐にわたる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォラストン
うぉらすとん
William Hyde Wollaston
(1766―1828)

イギリスの化学者、物理学者。ノーフォーク県の東ディーハム生まれ。ケンブリッジ大学で医学を修め、1792年に開業するが、1800年には化学に転向し、白金の可鍛状態をつくる研究を始める。研究中、白金鉱石の分析により新元素パラジウム(1802)、ロジウム(1804)を発見。1805年には可鍛性白金の製法を考案し、極細の白金線(ウォラストン線)をつくり、販売して大きな利潤をあげた。1820年には王立協会会長となる。
 理論化学においては、ドルトンの原子論に対する彼の態度が興味深い。1808年いち早く、塩類の構成成分がドルトンの倍数比例の法則に従うことを示し、原子論の受容に貢献したが、数年後、分子中の原子数決定法には根拠がなく、原子の実在にも疑問があるとして、原子量のかわりに「当量」の採用を提案した。さらに、酸素を10とする各元素の当量を計算し、対数目盛りによる計算尺で示した。原子論に対するこの実証主義的懐疑と当量概念は、のちに彼が原子論に復帰したにもかかわらず大きな影響を及ぼし、19世紀なかばまで化学界に混迷をもたらす原因の一つとなった。
 他の分野においては、結晶学における反射測角器の改良、食塩型の結晶構造の提唱、光学における収差をなくすようにした顕微鏡用複合レンズ(ウォラストンレンズ)やメニスカスレンズ、カメラ・ルシダなどの器具の改良、太陽スペクトル中の暗線(後のフラウンホーファー線)の発見、生理学における腎臓(じんぞう)結石の基本成分の決定、高音聴覚における個人差の発見などがある。[肱岡義人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォラストンの関連キーワードカドワースケンブリッジ大学サラムデールセンホーキングケンブリッジブルーオックスブリッジデュワーバベッジ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone