コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォレン ウォレン Warren, Earl

12件 の用語解説(ウォレンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォレン
ウォレン
Warren, Earl

[生]1891.3.19. ロサンゼルス
[没]1974.7.9. ワシントンD.C.
アメリカ第 14代連邦最高裁判所長官。 1912年カリフォルニア大学卒業。 39~43年カリフォルニア州最高法務官。 43~53年同州知事。 48年共和党副大統領候補 (大統領候補は T.デューイ) となったが選挙で敗れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォレン
ウォレン
Warren, Gouverneur Kemble

[生]1830.7.8. ニューヨークコールドスプリング
[没]1882.8.8.
アメリカの軍人,陸軍の技術者。 1850年陸軍士官学校卒業。アメリカ西部の地図作成に貢献。南北戦争のときはゲティズバーグの戦い (1863) で,北軍の少佐およびポトマック軍団の技術将校として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォレン
ウォレン
Warren, Joseph

[生]1741.6.10. マサチューセッツ, ロックスベリー
[没]1775.6.17. バンカーヒル
アメリカ独立革命初期の指導者,医師。 1774年本国議会の越権に抗議した「サフォーク決議」の起草者の一人。マサチューセッツ革命評議会,ボストン公安委員会メンバーバンカーヒルの戦いで戦死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォレン
ウォレン
Warren, Mercy Otis

[生]1728.9.14. マサチューセッツ,バーンスタブル
[没]1814. マサチューセッツ,バーンスタブル
アメリカ独立革命期に活躍した女流詩人,劇作家,歴史家。愛国派指導者 J.ウォレンの妻で,独立革命の初期に風刺詩『へつらう人』 The Adulateur (1773) や『グループ』 The Group (75) を書いて桂冠詩人となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォレン
ウォレン
Warren, Robert Penn

[生]1905.4.24. ケンタッキー,ガスリー
[没]1989.9.15. バーモントストラトン
アメリカの詩人,小説家,批評家。テネシー州ナッシュビルのバンダービルト大学在学中から,J.C.ランサムに率いられた南部農本主義の立場に立つ詩と批評の雑誌『フュージティブ』 The Fugitiveに関係,多くの大学の教授を歴任しつつ,『サザン・レビュー』 Southern Reviewなどの編集にたずさわり,文学のあらゆる分野で活躍,小説『すべて王の臣下』 All the King's Men (1946) ,詩集『約束』 Promises (57) をはじめとする作品は,いずれも南部的主題を扱いつつ,象徴主義的手法によって一種の宗教性をそなえた独特のもので,上の2作はともにピュリッツァー賞を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォレン
ウォレン
Warren

アメリカ合衆国,オハイオ州北東部の都市。ヤングズタウンの北西方約 25kmのマホニング川河畔に位置する。ヤングズタウン=ウォレン大都市圏に含まれる。町の起源は 1799年。 1840年ペンシルバニア=オハイオ運河の完成により河港となったが,50年代中途で鉄道輸送に代り衰微。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォレン
ウォレン
Warren

アメリカ合衆国,ミシガン州南東部,デトロイトの北部郊外の都市。 1837年に始り,付近の町村を合併して 1935年に市制をしいた。 20年代から工業化と住宅地化が進み,第2次世界大戦後は一層急速に発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウォレン
ウォレン
Warren, J. Robin

[生]1937.6.11. アデレード
オーストラリア病理学者。 1961年アデレード大学を卒業後いくつかの病院で研修を重ね,1968~99年ロイヤルパース病院に病理医として勤めた。 1979年胃炎患者の胃粘膜に未知の桿状の細菌,ピロリ菌 (ヘリコバクター・ピロリ) が存在することに気づいた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウォレン

米国の詩人,小説家,批評家。形而上詩的な作品のほか,南部の歴史に取材した小説も多く,《王の家来たちも》(1946年)は有名。批評家としてはニュー・クリティシズムに属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウォレン【Warren】

アメリカ合衆国オハイオ州北東部の工業都市。人口5万1000(1990)。鉄鋼の町として有名なヤングズタウンの北西約20kmに位置し,石炭と鉄の町として知られる。かつては駅馬車の駅であり,スティーブンフォスター《金髪のジェニー》を作ったのは,この町の宿屋であったといわれる。また《ケンタッキーのわが家》もこの地で構想されたという。西郊にフーリエ主義者の理想郷ファランクスPhalanx〉の跡がある。

ウォレン【Earl Warren】

1891‐1974
第14代アメリカ合衆国最高裁首席裁判官。在職1953‐69年。ロサンゼルス生れ。両親は北欧系の移民。カリフォルニア大学(1912),同ロー・スクール(1914)を卒業後,弁護士を開業,35歳で地方検事に出馬当選,カリフォルニア州法務長官,同州知事(1942‐53)と選挙による公職の階段を登った。知事として3選され,変貌の激しい大州を治めた政治手腕は全国的な注目を集め,1952年には共和党大統領候補の指名を争ったが,D.D.アイゼンハワーに敗れた。

ウォレン【Robert Penn Warren】

1905‐89
アメリカの詩人,作家,批評家。ケンタッキー州に生まれ,大学在学中に早くも南部農本主義文学運動の拠点であった《フュージティブ》誌に寄稿。自由な詩形で南部の野性的な生気をみなぎらせ,《詩36編》(1935),《詩選集》(1944)など,数多くの詩集を発表した。小説にもすぐれ,ピュリッツァー賞を得た《王の家来たち》(1946)では南部の政界の汚濁のなかでの人間の心理的葛藤を描くなど,一貫して南部の諸問題を倫理的心理的な視点から追求しようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウォレンの言及

【ニュー・クリティシズム】より

…方法としては,作品の微細な分析を展開する実践批評を特徴とした。これを教室での文学教育の現場に移したのが,C.ブルックスとR.P.ウォレンらによる《詩の理解》(1938),《小説の理解》(1943)などであり,アメリカ各地の大学で広く用いられ,多大の影響を及ぼした。【川崎 寿彦】。…

※「ウォレン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウォレンの関連キーワードケンタッキー決議ケンタッキー・ダービー日本ケンタッキー・フライド・チキンケンタッキーケンタケンタッキーダービーケンタッキーフライドチキンケンタッキー・フライド・チキンケンタッキーワンダー《マイ・オールド・ケンタッキー・ホーム》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウォレンの関連情報