コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウグイスカグラ ウグイスカグラ Lonicera gracilipes var. glabra

4件 の用語解説(ウグイスカグラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウグイスカグラ
ウグイスカグラ
Lonicera gracilipes var. glabra

スイカズラ科の落葉小低木で,北海道南部から九州まで日本のほぼ全域に分布し,山地に生える。幹は高さ1~2mでよく分枝し,長さ3~5cmの広楕円形の葉が短い柄で対生する。葉は全縁で葉の縁はしばしば紅紫色を帯び,裏面は淡緑色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウグイスカグラ

スイカズラ科の落葉低木。ほとんど日本全土の山野にはえる。葉は対生し,広卵形〜楕円形。葉の縁は,若いとき暗紅紫色を帯びる。4月,葉が出ると同時に,葉腋から細長い花柄をたらし,淡紅色の花をふつう1個つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウグイスカグラ【Lonicera gracilipes Miq.】

山野に多いスイカズラ科の落葉性低木(イラスト)。観賞用に庭木としても植えられる。別名ウグイスノキともよばれ,ウグイスが鳴き始めるころに花が咲くため,名付けられたとする説がある。高さ1.5~3mで,よく分枝する。葉は対生し,楕円形から広卵形で,その形,大きさ,毛の多少などに変異が多く,変種として区別されることがある。徒長枝の葉は大きく,葉柄が耳状に広がって対生する葉のそれと合着し,つば状となって茎を抱くことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウグイスカグラ
うぐいすかぐら
[学]Lonicera gracilipes

スイカズラ科の落葉低木。一名ウグイスノキともよばれ、一説にウグイスが鳴き始めるころに花を開くため、この名があるという。高さ1.5~3メートル。葉は対生、徒長枝の葉は大きく、葉柄が耳状となり、向かい合うものと互いに合着して皿状ないし壺(つぼ)状となり、茎がこれを貫くようにみえることがある。花は細い枝の先から下垂し、この属では珍しく、一つ(まれに二つ)ずつつき、3~5月に開く。果実は赤く熟し、甘味があって食べられる。日本特産種で、北海道南部から本州、四国、九州に分布し、山野に多い。全体に腺毛(せんもう)のある変種をミヤマウグイスカグラとよび、山地に生える。同属別種のクロミノウグイスカグラLonicera caerulea var. emphyllocalyxはアイヌ語名ハスカップの名で知られ、本州中部以北の湿原や亜高山帯に自生する。果実は青紫色で、栽培もされ、ジャムなどに加工される。[福岡誠行・福田泰二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウグイスカグラの関連キーワードガマズミ莢蒾肝木忍冬接骨木谷空木鶯神楽小葉の莢蒾胡麻木スイカズラ(忍冬)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone