ウシャクルギル(英語表記)Uşaklıgil, Hâlit Ziya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウシャクルギル
Uşaklıgil, Hâlit Ziya

[生]1866. イスタンブール
[没]1945.3.27. イスタンブール
トルコの作家。 1896年『学問の富』 Servet-i Fünûn誌に参加し,新しい文学流派の代表としてトルコ文学のヨーロッパ化に努めた。代表作『青と黒』 Mavi ve Siyah (1897) ,『禁じられた愛』 Aşk-i Memnu (1900) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウシャクルギル【Halit Ziya Uşaklıgil】

1866‐1945
トルコの作家。《学問の富Serveti‐Fünun》誌を編集して西欧近代文学思潮を導入し,トルコ口語文学の開拓者の一人と目される。とくにフランス自然主義の影響をうけ,また芸術至上主義の立場から政治変動にも超然とした姿勢を続けた。裕福な家庭の出身でフランス語に熟達し,しばしば西欧に遊学した。代表作に小説《青と黒》(1897),《しおれた花束》(1901),回想録《四十年》(1936)がある。【小山 皓一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウシャクルギル
うしゃくるぎる
Halit Ziya Usakligil
(1866―1945)

トルコの小説家。イズミルの神学校に在学中、西欧文学に興味をもち始めた。卒業後、オスマン銀行翻訳局員、たばこ専売公社書記局長などを歴任。この間、『新しき日』誌を刊行し、新文学運動の旗手として『青と黒』(1897)、『ある作品の生涯』(1900)、『禁じられた恋』(1900)など、自然主義的作風をもつ小説を発表し、トルコにおける近代文学の確立に大きな役割を果たした。[永田雄三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android