コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウバザメ ウバザメ Cetorhinus maximus; basking shark

3件 の用語解説(ウバザメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウバザメ
ウバザメ
Cetorhinus maximus; basking shark

ネズミザメ目ウバザメ科の海水魚。全長 15m。体は紡錘形で肥大し,吻は短くて丸い。背鰭,胸鰭,尾鰭とも大きい。口には鰓耙(さいは)がブラシ様に密生し,このすきまに海水をくぐらせてプランクトンをろ過して食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウバザメ

ウバザメ科の魚。地方名バカザメ,テングなど。全長12mに達する。鰓孔(さいこう)が大きくのどから背中にまで達する。ほとんど全世界の寒帯部に多く,日本近海では春先に岸に近づくこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウバザメ
うばざめ / 姥鮫
basking shark
[学]Cetorhinus maximus

軟骨魚綱サメ目ウバザメ科の1科1属1種の海水魚。世界の温帯から寒帯の海域に広く分布するが、熱帯海域には分布しない。日本付近では春から夏に太平洋側の海域にみられる。口が非常に大きいこと、体側にある5対の鰓孔(さいこう)が体の背縁付近から腹縁付近にまで大きく開いていること、歯が微小であること、尾びれ下葉が発達して三日月形の尾びれとなっていることなどが特徴である。さらに本種は非常に大きくなることが特徴で、最大の魚類であるジンベイザメに次ぎ、通常10メートルぐらいになる。さらに大きくなるといわれているが、ほとんど実測値はない。生殖方法は卵胎生(らんたいせい)といわれているが、よくわかっていない。現在まで知られている子の最小個体は全長1.65メートルで、このくらいの大きさで産まれるものと考えられている。また、冬季には深海で冬眠するといわれているが、直接観察した記録もない。生活史のごく一部しか知られていない神秘的なサメである。大きな体にもかかわらず餌(えさ)はプランクトンで、口を大きくあけてゆっくり泳ぎ、餌を含んだ水を大きな鰓孔から出して、その出口付近にある長くて細かな鰓耙(さいは)(一種の濾過(ろか)器官)で餌だけを濾過し、まとめて飲み込む。海表面で摂餌(せつじ)をしているときは遊んでいるようにみえるためbasking shark(日なたぼっこをするサメの意)の名がある。また、のんびりしていて簡単にとらえられるためバカザメともよばれている。肉は水っぽくてあまり利用価値がないが、大きな肝臓からは油がとれる。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウバザメの関連キーワード青鮫姥鮫尾長鮫撞木鮫奴智鮫鼠鮫目白鮫虎鮫モウカザメウバザメ(姥鮫)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウバザメの関連情報