コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマル・ハイヤーム ウマルハイヤーム

百科事典マイペディアの解説

ウマル・ハイヤーム

イランの詩人。オマル・ハイヤームとも。ニーシャープールの生れ。《ルバーイヤート》により最高の詩人といわれた。科学者としてはセルジューク朝の天文台に勤め〈ジャラーリー暦〉を制定,代数に関する著書もある。
→関連項目セルジューク朝マリク・シャー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ウマル・ハイヤームの関連キーワードフィッツジェラルドダシュティーペルシア暦

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android