コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウマル ‘Umar

大辞林 第三版の解説

ウマル【‘Umar】

?~644) 正統カリフ時代の第二代カリフ(在位634~644)。イラク・シリア・エジプト・イラン南西部を征服し、イスラム帝国の基礎を築く。ヒジュラ紀元(イスラム暦)を採用。オマル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のウマルの言及

【サイイド・エジェル】より

…中国,元初の武将,行政官。本名シャムス・アッディーン(贍思丁),別名ウマル(烏馬児)といったが,預言者ムハンマドの子孫を示す称号,サイイドで呼ばれた。中央アジアのブハラ出身でチンギス・ハーンの西征のときに服属し,以後世祖フビライまでの5代に仕えた。…

※「ウマル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウマルの関連キーワードフィッツジェラルド(Edward FitzGerald)ウマル(‘Umar b. alアッバース・マフムード・アルアッカードサード・ブン・アビー・ワッカースハーリド・ブン・アルワリードハーリド・イブヌル・ワリードアミール・アルムーミニーンイブン・アブド・アルハカムザイド・イブン・サービトムアーウィヤ[1世]聖ガブリエル修道院ティジャーニー教団サイイド・エジェルアルフセインモスクウマルハイヤーム廟アルハミースモスクフィッツジェラルドオマル・ハイヤームオマルハイヤームオマル・ハイヤム

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウマルの関連情報