コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミヒゴイ(海緋鯉) ウミヒゴイParupeneus chrysopleuron

世界大百科事典 第2版の解説

ウミヒゴイ【ウミヒゴイ(海緋鯉) Parupeneus chrysopleuron】

スズキ目ヒメジ科の海産魚(イラスト)。東京でウミゴイ,関西・高知でメンドリ,駿河湾でヒゲイチ,下関でヒゴイ,宮崎でセメンドリ,沖縄でフールヤー呼ばれる。本州中部以南,中国,フィリピンに分布している。体はやや細長く,側扁している。背びれは2基。体は一様な鮮紅色。全長50cmに達する。小型のものでは眼から尾びれの付け根にかけ黄金色の帯があるが,成長すると不明りょうになる。下あごに1対の淡黄色をしたひげをもつことが大きな特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone