コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミヒゴイ(海緋鯉) ウミヒゴイ Parupeneus chrysopleuron

1件 の用語解説(ウミヒゴイ(海緋鯉)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウミヒゴイ【ウミヒゴイ(海緋鯉) Parupeneus chrysopleuron】

スズキ目ヒメジ科の海産魚(イラスト)。東京でウミゴイ,関西・高知でメンドリ,駿河湾でヒゲイチ,下関でヒゴイ,宮崎でセメンドリ,沖縄でフールヤー呼ばれる。本州中部以南,中国,フィリピンに分布している。体はやや細長く,側扁している。背びれは2基。体は一様な鮮紅色。全長50cmに達する。小型のものでは眼から尾びれの付け根にかけ黄金色の帯があるが,成長すると不明りょうになる。下あごに1対の淡黄色をしたひげをもつことが大きな特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミヒゴイ(海緋鯉)の関連キーワードシロギスクサヤモロナガヅカブリマアジマダイアオギス非売知オオニベキグチ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone