ウミヒゴイ(海緋鯉)(読み)ウミヒゴイ(英語表記)Parupeneus chrysopleuron

世界大百科事典 第2版の解説

ウミヒゴイ【ウミヒゴイ(海緋鯉) Parupeneus chrysopleuron】

スズキ目ヒメジ科の海産魚(イラスト)。東京でウミゴイ,関西・高知でメンドリ,駿河湾でヒゲイチ,下関ヒゴイ,宮崎でセメンドリ,沖縄でフールヤーと呼ばれる。本州中部以南,中国,フィリピンに分布している。体はやや細長く,側扁している。背びれは2基。体は一様な鮮紅色。全長50cmに達する。小型のものでは眼から尾びれの付け根にかけ黄金色の帯があるが,成長すると不明りょうになる。下あごに1対の淡黄色をしたひげをもつことが大きな特徴である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android