コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラフラ海 アラフラかいArafura Sea

翻訳|Arafura Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラフラ海
アラフラかい
Arafura Sea

オーストラリア,ニューギニア,小スンダ列島との間に広がる海域。東はトレス海峡サンゴ海に,西はティモール海に接し,北は小スンダ列島によってバンダ海と境を接している。東西約 1300km,幅約 500~600km。浅く平坦な大陸棚が広がるが,小スンダ列島に沿って 1000~2000mの深海が連なる。地質学的見地からいえば,アラフラ海は有望な石油鉱区で,1960年代の末に沖合い石油探査が始った。アラフラ海の南部は真珠貝,シロチョウ貝の採取で有名。サーズデー (木曜) 島が中心で,第2次世界大戦前は和歌山県串本を中心に日本人が出漁していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アラフラ‐かい【アラフラ海】

Arafura》オーストラリア・インドネシア・ニューギニアに囲まれた海域。水深が浅く、真珠貝が採取される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アラフラ海【アラフラかい】

オーストラリア北部,ニューギニア,小スンダ列島などに囲まれる海域。英語でArafura Sea。東はトレス海峡を通じて珊瑚(さんご)海に,西は小スンダ列島を境にバンダ海,ティモール海に連なる。
→関連項目インド洋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アラフラかい【アラフラ海 Arafura Sea】

オーストラリアとインドネシアとの間にあり,オーストラリア北岸,ニューギニア島南西岸,アルー諸島タニンバル諸島などに囲まれる海域。東西約1300km,南北約600km,面積約65万km2。大陸棚の浅い海域で,トレス海峡とともに航行の障害となる浅瀬が多い。名称は〈自由人〉(アルー諸島人を形容)を意味する古いポルトガル語に由来する。1931年から第2次世界大戦まで日本船が真珠貝を採取した(最盛時3840t。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アラフラかい【アラフラ海】

〔Arafura〕 オーストラリア大陸とニューギニア島との間の海域。大陸棚で、白蝶貝しろちようがいを産する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラフラ海
あらふらかい
Arafura Sea

オーストラリアとインドネシアとの間の海域。オーストラリア北岸(アーネム・ランド)、カーペンタリア湾、トレス海峡、ニューギニア島(西イリアン)南岸、アルー諸島、タニンバル諸島およびチモール海に囲まれ、東西約1300キロメートル、南北約600キロメートル、面積約65万平方キロメートル。大陸棚の浅い海域で、ニューギニア島とオーストラリア大陸とをつなぐ陸地が、後氷期の海進で海となった。水深50~80メートルの部分が多い。浅瀬が多く、トレス海峡とともに海難の原因となっている。名称は、自由人(アル諸島人を形容)を意味する古いポルトガル語に由来する。1931年(昭和6)から、日本船がシロチョウガイ(ボタン用)を採取し、最高時3840トン(1937)を採取したが第二次世界大戦によって中断した。戦後、1953年に再開されたが、大陸棚資源の主権を主張するオーストラリアとの交渉が難航し、紛争となった。採取量も967トン(1953)から減少し、1962年に中止された。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アラフラ海の関連キーワードアラフラ海真珠貝漁業事件ノーザン・テリトリージャヤビジャヤ山脈アラフラオオニシロレンツ国立公園オニキホウボウブランデーガイ西海(愛媛県)アーネムランドディグル[川]ヨススダルソ島アルー[諸島]ウロコガレイトリコラ山ヤスリヘビディグル川ヒメコダイ潜水漁法丸山健二メラウケ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android