コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラルトゥ ウラルトゥ Urartu

3件 の用語解説(ウラルトゥの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラルトゥ
ウラルトゥ
Urartu

前9~7世紀にかけてアッシリア北方のバン湖周辺を中心に栄えた王国。ヘブライ語アララト。首都はバン湖東岸沿いのビアイナ (現バン) 。王国の中心は今日のトルコアルメニア共和国との国境線にまたがり,最大の版図をもったときには,イランイラクシリアの一部をも含んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウラルトゥ【Urartu】

前9~前6世紀に西アジアに栄えた王国。隆盛期にはアルメニア高原の全域(現在のアルメニア,トルコ,イランにまたがる)を占めた。アッシリアではこの国のことがウルアトリUruatriまたはナイリNairiとよばれたが,自称はビアイニリBiainili旧約聖書ではアララト(アララテ)Ararat王国の名で登場している。ウラルトゥはアッシリア名に由来する。 ウラルトゥの言語は,ソ連の言語学者メリキシビリG.Melikishviliによると,フルリ語に近く,フルリ・ウラルトゥ語族に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウラルトゥ
うらるとぅ
Urartu

バン湖を中心に広大な地域を支配した古代の王国。ヘブライ語ではアララトAraratという。中心は現在のアルメニア共和国と、トルコ東部の国境線にまたがり、一時は今日のイラン、イラク、シリアの一部をも版図に含んでいた。紀元前9世紀にウラルトゥ人はビア人の王アラメによって統一され、以後、前7世紀まではアッシリアとの抗争で明け暮れた。サルドゥリシュ1世は首都をバン湖畔に定め、前8世紀初頭のアルギシュティシュ1世の治世に最盛期を迎えた。ルサシュ1世は首都をトプラッハ・カラ(ウズベキスタン内)に築き、主神ハルディスに捧(ささ)げた神殿を建立したが、前713年アッシリアのサルゴン2世に敗れた。前610年アッシリアが完全に滅亡後、前6世紀初頭になってメディアに編入され、前585年アケメネス朝ペルシアのカンビセス1世に滅ぼされ、以後歴史上から姿を消した。
 ウラルトゥ人は民族的にはフルリ人(非インド・ヨーロッパ語系)と関連が深く、ヒッタイトの象形文字に似た文字をもっていたが、大部分はアッシリアの楔形(くさびがた)文字に基づく楔形文字(ウラルトゥ語)を使って記録を残した。芸術面ではアッシリアの影響を強く受けているが、冶金(やきん)術、とくに青銅製品に独自の優れたものが多い。著名な遺跡としては、トプラッハ・カラ、カルミル・ブルール、アルティン・デペなどがあり、城砦(じょうさい)や住居趾(し)、墳墓などが発掘され武具、装身具などが発見された。[高橋正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウラルトゥの関連キーワードカプアクタイシトハラミタンニリディア新バビロニア王国摩訶陀クシュ王国タレントゥムパルティア美術

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone