コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリハダカエデ ウリハダカエデAcer rufinerve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウリハダカエデ
Acer rufinerve

カエデ科の落葉高木。本州,四国,九州の山地に普通に生育し,幹は高さ 12mに達する。樹皮はなめらかで緑色を帯び,表面に黒い斑点をもつことから「ウリの肌」を思わせるので,この名がある。葉は対生し,扇状五角形で長さ,幅とも6~15cm,先が浅く3 (5) 裂し,各裂片の縁には細かい重鋸歯がある。普通,雌雄異株で,5月頃開花し,若い枝の先に淡緑色の花が集って総状花序をつくる。萼片,花弁ともに5枚で,雄花には8本のおしべがある。雌花では,花の中央に2個の柱頭をもっためしべが位置する。2個の分果は長さ 2.5~3cmで,斜めに開出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウリハダカエデ
うりはだかえで / 瓜肌楓
[学]Acer rufinerve Sieb. et Zucc.

カエデ科の落葉中高木ないし高木。樹皮が緑色で黒斑(こくはん)があり、ウリ(マクワウリ)の肌に似る。葉は対生し、葉柄は3~7センチメートル、葉身は長さ10~15センチメートル、幅8~12センチメートルで浅く3裂し、裏面の脈のわきに褐色の軟毛があり、縁(へり)に細重鋸歯(きょし)がある。冬芽の鱗片(りんぺん)は2対(つい)。雌雄異株。花は淡緑黄色の小花で、約15個の花が総状花序につき、4~5月に開く。花弁5枚、萼片(がくへん)5枚、雄しべ8本。果実は2翼があり、秋に熟す。秋に紅葉または黄葉する。本州、四国、九州の温帯から暖帯の山地に広く分布する。ウリカエデ、ホソエカエデA. capillipes Maxim.など近縁種が日本からヒマラヤ地方にかけて十数種、北アメリカ東岸地方に1種ある。ホソエカエデは葉の裏面は無毛で葉脈のわきに水かき状の膜があり、福島県以西の本州、四国に分布する。[緒方 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウリハダカエデの言及

【カエデ(楓)】より

…気乾比重約0.67,緻密(ちみつ),強靱で,床板,運動具(スキー板,ラケット枠,ボウリングのピンなど),楽器(バイオリンの裏板,ピアノのアクション部品)などに賞用され,日本の主要広葉樹材の一つである。(3)ウリハダカエデA.rufinerve Sieb.et Zucc.(イラスト) 樹皮が暗緑色でウリ(瓜)の肌に似ている。雌雄異株。…

※「ウリハダカエデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウリハダカエデの関連情報