コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルカギナ Urukagina

2件 の用語解説(ウルカギナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウルカギナ【Urukagina】

前24世紀前半のシュメールの複合都市国家ラガシュの支配者。正しくはウルイニムギナUruinimgina。治世2年目から王(ルガル)を称す。史上最初の社会改革者,立法者。7年の成功した治世の後,隣接都市ウンマの支配者でのちにウルク王となってシュメール,アッカド地方を平定したルガルザゲシに敗れた。王の治世はいわゆる〈改革碑文〉などの王碑文のほか,首都ギルスのバウ(ババ)女神をいただく組織の経営に関して,多数の行政・経済文書を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルカギナ
うるかぎな
Urukagina

生没年不詳。シュメール初期王朝時代(前2350ころ)のラガシュ都市国家の王。ウルイニムギナと読むほうが正しいとされている。治世中に書かれた多数の粘土板文書があり、シュメール社会経済史の研究に貴重な資料となっている。また、統治の理念を書き記した、いわゆる「改革碑文」には、神の家、畑を神に戻したとの記述がある。それが、シュメールは神殿都市であるという根拠になっているが、単なる考え方を記述しただけで実体はなかったという批判が有力になっている。孤児、寡婦を保護したという記述は、『ハムラビ法典』に継承される社会正義の最初の宣言であるとされる。同王の時代ラガシュは、隣接する都市国家ウンマのルガルザゲシに敗れ、神殿を焼かれ、略奪を受けた。[前田 徹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウルカギナの言及

【シュメール】より

…このIII期に初めてシュメール,アッカド全体が一つの政治舞台となり,対エラム防衛の戦略上の拠点ギルス・ラガシュ複合都市国家に,エアンナトゥムを第3代の支配者(エンシ)とする,ウルナンシェの創始した9代にわたる王朝が出現し,彼らの政治的碑文が初めてこの地の政治史の再構成を可能にする。ことに第7,8代の支配者と最後の簒奪王・改革王ウルカギナの3代の治世からは,III期の初めあるいは半ばに位置するとされる〈シュルッパク文書〉よりさらに詳細かつ凝縮的となった行政・経済文書が出土して,緊張の極に達したシュメール都市国家の権力基盤や社会・経済組織解明の鍵を提供する。ウルカギナはラガシュ都市国家の宿敵ウンマの支配者ルガルザゲシに倒され,ルガルザゲシはウルク王となってシュメール,アッカドの全土を征服するが(ウルク王の在位25年),セム系のアッカド王サルゴンに敗れ,シュメールの地はアッカド帝国の支配下に入った。…

【メソポタミア】より

…王朝の5支配者に続いて3支配者が多くの政治的碑文を残している。最後のウルカギナ(ウルイニムギナ)はウンマのルガルザゲシに敗北した。ルガルザゲシはウルク王になるとともに他都市をも軍事占領し,ここにシュメール都市国家時代が終わるが,のちルガルザゲシはセム系アッカドのサルゴンに敗れた(前24世紀中葉)。…

※「ウルカギナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウルカギナの関連キーワードシュメールシュメール語スパルタ都市国家ブリュメール十八日メガラローマ法シュメール文字ブリュメールメトネル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone