ウルップ島(読み)ウルップとう(英語表記)ostrov Urup

  • ウルップとう〔タウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千島列島中南部の島。ロシアサハリン州に属する。択捉島の北に位置し,面積 1430km2。細長い火山島で,北部にコロコル山 (1328m) ,南部にブイソカヤ山 (1426m) がそびえる。旧日本領で,第2次世界大戦前の日本領時代には北洋漁業基地の一つであった。日本名得撫 (うるっぷ) 島。オットセイの繁殖地。択捉島との間に植物区系の境界線である宮部線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウルップ島の関連情報