コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルピアヌス ウルピアヌス Ulpianus, Domitius

5件 の用語解説(ウルピアヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルピアヌス
ウルピアヌス
Ulpianus, Domitius

[生]170頃.フェニキア,チルス
[没]228. ローマ
ローマの法学者。 222年に副皇帝ともいうべき近衛長官 praefectus praetorioとなり,セウェルスアレクサンデル帝の諮問官を歴任。 228年近衛軍の反乱により殺害された。パウルスとともにローマ法学徒中,最大の多作家であるが,ただ先人の業績を解釈し,体系的に集大成した点に特徴があり,パウルスと同様,解釈法学的学風の持主であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウルピアヌス(Domitius Ulpianus)

[170ころ~228]ローマの法学者。「ローマ法大全」の「学説集」50巻のうち、3分の1の法文は彼の論著の引用とされる。著「告示註解」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウルピアヌス【Domitius Ulpianus】

?‐223
ローマ古典期晩期の,パウルスとほぼ同時代の代表的法学者。フェニキア地方の出身とされ,パピニアヌスに法学を学び,セウェルス・アレクサンデル帝のもとで近衛長官を務めたが,その在任中近衛軍団兵により同帝の面前で暗殺された。代表的著作として,それ以前の法学者の見解を理解しやすい叙述で集大成した大部の《告示注解》81巻,《サビヌス注解》51巻(未完)などがあり,ユスティニアヌス1世の〈学説彙纂〉は,ウルピアヌスのこれらの著作から最も多くの法文(全体の約3分の1に及ぶ)を採録している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ウルピアヌス【Domitius Ulpianus】

170頃~228) ローマの法律家。従来の法学説を集大成して多数の論著を著し、ユスティニアヌス法典中の学説彙集は、引用法文のうち約3分の1が彼のもので占められる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルピアヌス
うるぴあぬす
Domitius Ulpianus
(?―223)

古代ローマの法学者。フェニキアのチュロスの出身。カラカラ帝(在位212~217)の時代に多数の著書、論文を著したが、次のエラガバルス帝によって追放され、セウェルス・アレクサンデルの登極(222)とともに新帝に重用され、親衛隊長praefectus praetorioなどの要職を兼任したが、親衛隊兵士の反乱で殺された。没年はかつては228年と誤って考えられていた。その学説は、『ローマ法大全』中の『学説集』Digestaに引用された学説のうちの3分の1を占めており、2位のパウルスの2倍をなす。先行のローマ法学者の学説を包括的に、しかも明快に紹介、解明したことに特徴がある。[弓削 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウルピアヌスの言及

【正義】より


[意義]
 人間の行為を,正しい,正しくないというように判断するための基準が正義である。正義の古典的定義として有名なのは,ローマ法学者ウルピアヌスの〈各人に彼のものを与えんとする恒常的意思〉という定義であるが,さらにその源をたどればアリストテレスの正義概念にさかのぼる。アリストテレスは,正義とは均等的,〈価値に相応の〉ということであり,不正とは不均等的,〈過多をむさぼる〉ことであるとした。…

【生命表】より

…とくに,0歳の平均余命のことを〈平均寿命〉と呼んでおり,単なる平均値でない点に留意する必要があろう。
[生命表の歴史]
 最も古い生命表はローマ帝国のウルピアヌスDomitius Ulpianusが364年に作成したといわれる年齢別平均余命表である。しかし,近代的な意味で初めて生命表を作ったのは,統計学の一大潮流の一つであるイギリスの政治算術学派の生みの親でもあるJ.グラントであるといわれる。…

※「ウルピアヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウルピアヌスの関連キーワードパウルスパピニアヌスジャンパウルザンクトパウルス大聖堂聖パウルス大聖堂パウルス教会パウルス六世パウルス[3世]パウルス[6世]パウルス[5世]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone