コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルム大聖堂 ウルムだいせいどう Ulmer Münster

4件 の用語解説(ウルム大聖堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルム大聖堂
ウルムだいせいどう
Ulmer Münster

ドイツ南西部バーデンウュルテンベルク州のウルムにある大聖堂。ゴシック聖堂建築では最高 (161m) の塔をもつ。 1377年パルラー家初代ハインリヒ・フォン・グミュントにより身廊と側廊の高さが等しい聖堂として起工されたが,92年建築家ウルリヒ・フォン・エンジンガーによって側廊を低くする形に改変され,西塔の定礎がなされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウルム‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ウルム大聖堂】

Ulmer Münster》ドイツ南部、バーデン‐ビュルテンベルク州の都市、ウルムにあるゴシック様式の大聖堂。1377年に起工、1890年に完成した。尖塔(せんとう)の高さは161メートルあり、教会の塔としては世界一の高さを誇る。第二次大戦でウルム市街の多くが破壊されたが、この聖堂は被災を免れた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウルム大聖堂【ウルムだいせいどう】

ドイツのウルムUlmにあるゴシック教会堂。14世紀に起工,エンジンゲンらの造営を経て,ようやく1890年完成。西の大塔(高さ161m)はゴシック建築中最高。
→関連項目ウルム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルム大聖堂
うるむだいせいどう
Ulmer Mnster

ドイツ南部、ドナウ河畔の都市ウルムにある聖堂。ドイツ・ゴシック建築の代表作の一つであり、西正面の世界一の高さを誇る大尖塔(せんとう)(161メートル)によっても名高い。1377年に着工、パルラー、エンジンガー、ベブリンガーなどの建築家一族が造営工事に携わり、15世紀末にいちおうの完成をみる(ただし西尖塔の頂部は19世紀の作)。五廊式身廊で、東側には2基の塔がそびえ、聖堂の内外を飾る多数の建築装飾は、14世紀から16世紀にかけてのドイツ美術の貴重な遺品となっている。とくに西正面扉口の受難のキリスト像(ハンス・ムルチャー作、1429)や身廊部の女性彫像、聖歌隊席のステンドグラス、89席の木彫聖席などが優れている。[篠塚二三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウルム大聖堂の言及

【ウルム】より

…麻織物の伝統に連なる繊維産業や金属加工業をもち,1967年には大学も新設された。【魚住 昌良】
[ウルム大聖堂]
 ドイツの代表的なゴシック建築。1377年にハレンキルヘとして起工されたが,92年よりエンジンゲンUlrich von Ensingenにより西塔をそなえる3廊式バシリカに改変された(その後5廊式となる)。…

※「ウルム大聖堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウルム大聖堂の関連キーワードビュルテンベルクエーベルバッハカールスルーエ城カールテオドール橋バーデンウュルテンベルクバーデンビュルテンベルクマールバハハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団ルートヴィヒスブルク陶磁器工場バーデン・ビュルテンベルク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone