ウーメオ(英語表記)Umeå

世界大百科事典 第2版の解説

ウーメオ【Umeå】

スウェーデン北東部,ボスニア湾中部へ入るウーメ川Umeälv河口近くにある港市で,ベステルボッテン県県都。人口10万1000(1996)。スウェーデン北部の木材を集めて,製材・木工・パルプ工場が稼働し,木材,家具機械木タールなどを産する。1月の平均気温は-7.8℃なので海は5ヵ月間結氷する。1622年以来都市の資格をうる。1720年ロシア人に焼かれ,1809年占領された。88年大火に遭ったが,再建され今日にいたる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウーメオ
うーめお
Ume

スウェーデン北部、ノールランド地方の学園都市。人口10万5006(2001)。「シラカバの町」とよばれる。ボスニア湾に面してウーメ川河口に位置する良港で、製紙、製材、機械工業が発達している。1622年グスタフ2世アドルフにより建設されたが、ロシアの襲撃を受けて発展を阻害された。1888年の大火によって焼滅後、シラカバ並木の近代都市を建設。1956年以後、大学誘致により学園都市となり、総合大学、医大、歯大、看護学校などがある。[中島香子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android