コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーロン茶 ウーロンちゃOolong tea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウーロン茶
ウーロンちゃ
Oolong tea

烏竜茶と書く。緑茶と紅茶の中間的な製造法を経たもので,半発酵茶呼ばれる茶に属する。生葉を日にさらしてある程度発酵させたのち,釜炒りし,もんで乾燥する。紅茶に似た湯の色をしている。まつりか (茉莉花) の乾燥した花を加えて独特の香りをつけたものもある。中国福建省,江西省や台湾の名産であり,特に福建省の武夷岩茶,鉄観音,台湾の凍頂烏竜茶は有名。近年は外来飲料としてのイメージや美容,健康への関心の高まりを反映して,普及定着している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ウーロン茶

 半発酵茶の一種.主に中国で生産される.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウーロン茶
うーろんちゃ / 烏竜茶

中国独特の半発酵茶。生産量は中国茶総量の3%にも満たないが、香気高く、中国茶を代表する。おもな産地は、福建(ふっけん/フーチエン)省を中心に、広東(カントン)、浙江(せっこう/チョーチヤン)、雲南(うんなん/ユンナン)それに台湾である。東南アジア、欧米、日本などに輸出されている。名の由来は、茶葉の色がカラスのように黒く、形が竜のようにくねっていることから名づけられたとも、製茶法を発見した烏良がなまったともいわれている。種類は、産地の条件に応じて多く、名茶とよばれるものに、武夷(ウーイー)岩茶、安渓(アンシー)鉄観音、武夷水仙、鳳凰単樅(ほうおうたんしょう)、台湾包種(ほうしゅ)などがある。ウーロン茶の製法は、摘採した生葉を竹製の平たい籠(かご)に薄く広げ、反転させながら、1時間弱、日光にさらして水分を蒸散させ、屋内で数時間、ときおり揺さぶって回し、葉の縁がタンニンの酸化発酵で紅褐色に変わり(緑葉紅(こうじょうへん))、芳香を発するようになったら、200℃以上の釜(かま)に入れて炒(い)り、揉捻(じゅうねん)し、強火の粗乾燥と弱火の本乾燥を行う。
 ウーロン茶は「三紅七緑」といわれるが、その発酵度は、紅茶を100として70程度であり、その水色は紅茶に比べ紅(あか)くないが、香りは芳醇(ほうじゅん)である。なお包種茶(パオチョン茶)は、日光萎凋(いちょう)の時間が5分と短く、茶葉の褐変がごくわずかなときに釜炒りするが、芳香を発しない普通品には、茉莉花(ジャスミン)などの花香をつける。
 ウーロン茶は紅茶と同じように熱湯で飲む。福建あるいは広東の汕頭(スワトウ)では、小さな急須(きゅうす)と湯飲みを使って、香りと味を賞味する。その茶の試飲に使う茶器類は「四宝」とよばれ、材料、大きさが決まっており、茶のいれ方にも作法がある。[浜口義曠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウーロン茶の関連情報