コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従属論 じゅうぞくろんdependency theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

従属論
じゅうぞくろん
dependency theory

1960年代中頃から唱えられた世界経済理論。第三世界諸国の経済発展および政治・社会体制を,これらの諸国が資本主義世界体制のなかに包摂されてきた結果であるとし,そこに見出される従属関係,とりわけ低開発状態についての構造的あるいは階級的な実態把握を目指す理論的立場。ラテンアメリカ経済に関して最初に論じられ,その後,第三世界の持続的発展の欠如,低開発性の解明を求める人々の間で広く支持され,精緻化されるようになった。具体的な問題に関してはさまざまな見解,対立があるが,第三世界の低開発状態は,資本主義世界体制のなかでは基本的には資本主義諸国の発展と表裏一体の関係にあり,いわゆる近代化論のような「単線的な発展論」はむしろ誤りであること,およびその従属関係は国家間の関係のみならず,程度の差はあってもあらゆる国内諸要素にも及んでいるという認識においてはほぼ共通している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうぞくろん【従属論 teoría dependentista[スペイン]】

1960年代後半ラテン・アメリカの社会科学において登場した,既存の開発理論・開発政策に対する批判運動としての一思潮。その登場の背景としては,(1)第2次大戦後ラテン・アメリカの開発理論の主流をなしていた近代化論の破綻,(2)戦後の開発政策が主張した輸入代替工業化政策がもたらしたアメリカ系企業(多国籍企業)による国内産業の支配,(3)キューバ革命とその社会主義宣言,などからなる当時の社会情勢を指摘することができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうぞくろん【従属論】

資本主義的世界システムの中で、周辺地域としての第三世界が、中枢部(先進諸国)によって従属させられ、収奪され、低開発化されたとする考え方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の従属論の言及

【プレビッシュ報告】より

…したがって,南北問題を解決するにはこうした構造自体を根本的に是正することが必要であり,それには計画的な開発政策や貿易政策が不可欠である。換言すれば,この問題の真の解決を目ざすための新たな国際経済秩序は,このような国際経済の現状を十分考慮した現実的な土台に立脚し,発展途上国の経済発展を促進するようなメカニズムを内包したものでなければならない(ちなみにこのC‐P理論の考え方はその後,先進国と発展途上国の間の関係を支配と従属の関係としてとらえようとする〈従属論〉へと受け継がれている)。
[提言]
 この報告書では以上のような基本的認識に立って,次のような具体的な提言がなされている。…

※「従属論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

従属論の関連キーワード近代世界システム論ウォーラステインマルクス経済学エウセビウス社会経済史学国際政治思想解放の神学中心と周辺フランク帝国主義

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

従属論の関連情報