コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクジソン エクジソン ecdysone; Ekdyson

6件 の用語解説(エクジソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクジソン
エクジソン
ecdysone; Ekdyson

エクダイゾンともいう。前胸腺ホルモンと同義で,変態ホルモンと呼ぶこともある。一種のステロイド完全変態の昆虫の幼虫,蛹で前胸腺から分泌される。側心体に蓄積された脳間部神経分泌ホルモンの支配で体液中に放出され,表皮中の脱皮腺を刺激,脱皮液をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エクジソン(ecdysone)

昆虫や甲殻類の脱皮変態を引き起こすホルモン。昆虫では前胸腺ホルモンともいう。変態ホルモン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エクジソン

エクダイソンとも。節足動物脱皮変態を誘導するホルモン。昆虫では,幼若ホルモンの共存下で幼虫へ,幼若ホルモンが微量だとさなぎへ,エクジソン単独では成虫へ変態させる。
→関連項目アラタ体羽化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エクジソン【ecdysone】

エクダイソンともいう。節足動物の脱皮を誘導するホルモンとして単離された,分子量464の水溶性ステロール。昆虫では,その作用時に幼若ホルモンが共存すると幼虫へ,微量の幼若ホルモン存在下ではさなぎへ,単独では成虫へと分化・脱皮させる。名称はecdysis(脱皮)とケトン基を意味するone(オン)の合成語。α‐エクジソン,前胸腺ホルモンの別称があり,時に20‐ヒドロキシエクジソン(20‐OH‐エクジソン,エクジステロン,β‐エクジソン,クラストエクジソンに同じ)を含めて脱皮ホルモンあるいは変態ホルモンともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

エクジソン【ecdysone】

節足動物の脱皮や変態を誘導するホルモンの一。昆虫は前胸線、甲殻類は Y 器官から分泌される。前胸腺ホルモン。脱皮ホルモン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エクジソン
えくじそん
ecdysone

昆虫の前胸腺(ぜんきょうせん)から分泌されるホルモン(前胸腺ホルモン)の本体であり、脱皮、変態を誘導する。1954年ドイツの生化学者ブーテナントおよびカールゾンPeter Karlson(1918―2001)によりカイコの蛹(さなぎ)から単離された。これは高度に酸化されたステロイド性化合物であり、脱皮ecdysisにちなんでα-エクジソンおよびβ-エクジソン(20-ヒドロキシエクジソン)と名づけられた。ホルモンとしての活性は後者のほうが強い。その後、20-ヒドロキシエクジソンは甲殻類からも単離されており、昆虫はもとより節足動物一般に存在するものと考えられている。このほか20,26-ジヒドロキシエクジソンなどの類似化合物が昆虫からみいだされており、類似化合物を総称してエクジステロイドとよぶ。一方、植物界にも、同じ作用をもつ物質が20-ヒドロキシエクジソンをはじめとして、昆虫にはみいだされていないポナステロン、シアステロンなど現在までに50種以上発見されており、これらは植物エクジステロイドと総称される。エクジソンは前胸腺刺激ホルモン(PTTH)の刺激により前胸腺でコレステロールから生合成され、脱皮時、変態時直前に体内濃度が上昇する。脱皮時には新クチクラの分泌、変態時には蛹および成虫のクチクラ形成、成虫原基の形態形成などを促す。最近、昆虫の卵巣からもエクジソンが発見され、卵の成熟や胚(はい)発生にも関係があるのではないかと考えられている。[藤本善徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエクジソンの言及

【昆虫ホルモン】より

…脊椎動物と同様に,昆虫でも多くの生命現象,中でも脱皮・変態・羽化といった昆虫に特異的な形態変化がホルモンの支配を受けている。前胸腺から分泌され脱皮を誘導するエクジソンアラタ体から分泌され脱皮後の形態(幼虫かさなぎか成虫か)を決定する幼若ホルモンがとりわけ重要である。前者は,前胸腺刺激ホルモン,後者はアラタ体刺激ホルモンの支配下にあり,刺激ホルモンはいずれも神経ホルモンである。…

【前胸腺】より

…昆虫の幼虫とさなぎ,無翅(むし)類では成虫にもある腺性の内分泌器官で,エクジソン(脱皮ホルモン)を分泌する。前胸腺は最初ボクトウガの幼虫でリヨネP.Lyonetによりcorps grenuと記載された(1762)。…

※「エクジソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エクジソンの関連キーワード節足動物側節足動物体節動物脱皮動物界跗節歩脚エクダイソン化石節足動物節足動物化石

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone