エクセルギー(英語表記)exelgie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクセルギー
exelgie

有効エネルギーともいう。ある系が,その状態1から周囲の環境系と平衡する状態0まで変化するとき,他の系になし得る仕事の最大値のこと。エネルギーの質を議論する際に使用され,たとえば 1000Kにある 1KJの熱量は,500Kにある 1KJの熱量より環境温度 (たとえば 300K) になるまでになし得る仕事の最大値が大きいので,高いエクセルギーを有する。状態1にある質量 M の閉じた系 (他の系と熱交換のみを行う系) が有するエクセルギー E は,温度 T ,エンタルピー h ,エントロピー s を用いて,EM{(h1T0s1)-(h0T0s0)} と表され,開いた系 (質量が流入出する系) については,内部エネルギー u を用いて,EM{(u1T0s1p0v1)-(u0T0s0p0v0)} と表される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エクセルギー【exergy】

有効エネルギーともいう。ギリシア語のex(外へ)とergon(仕事)からなる術語である。与えられた環境条件のもとで,ある系から外へ取り出せる最大の機械的仕事をいう。エクセルギーの概念は,19世紀末からあり,最大有効仕事available energyとして研究されていたが,1956年にラントZoran Rantによりエクセルギーという語が提案された。 一般にエネルギーは,仕事に変えうるエクセルギーと,仕事に変わりえない無効なエネルギーであるアネルギーanergyとから成ると考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エクセルギー
えくせるぎー
exergy

エネルギーのうちで機械的仕事に転化できる分のことをいい、有効エネルギーともよぶ。これに対し、機械的仕事に転化できない分をアネルギー(無効エネルギー)という。たとえば電気エネルギーはほぼエクセルギーからなるが、熱エネルギーは環境に廃棄されるアネルギーを多く含む。エネルギー転換を行うシステムが、エネルギーをどの程度有効に利用しているかをはかる尺度として用いられる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android