コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクソン Exxon Corporation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクソン
Exxon Corporation

アメリカ合衆国の石油会社。エクソンモービルの前身の一つ。国際石油資本メジャーズ)の一つ。前身は 1870年ジョン・D.ロックフェラーによって設立されたスタンダード・オイル・オブ・オハイオ。同社は多くの石油業者を傘下に収めてトラストを形成し,1882年スタンダード・オイル・カンパニー・オブ・ニュージャージーとして改組設立。しかしシャーマン反トラスト法(1890)の適用を受け 1899年持株会社となり,さらに 1911年には再び反トラスト法違反として 34の独立会社に分割された。そのなかの最大の会社として,おもに海外販売事業を引き継いで再発足した。その後は海外原油の採掘を進めるかたわら,1919年には石油精製会社ハンブル・オイル・アンド・リファイニングを買収するなどアメリカ本土の事業を充実させて,1927年には拡大した事業を管理統合するため現業部門を新設子会社に移し,みずからは持株会社となるとともにスタンダード・オイル・オブ・ニュージャージーと改称。この間 1923年から製品に ESSO(エッソ)のブランドを使用。海外活動は第2次世界大戦前から中南米,アジアに進出。アジアでは同社とソコニー・バキューム(→モービル)が共同出資でスタンダード・バキューム・オイル(略称スタンバック)を設立,戦前の日本でも販売事業を経営。1962年スタンバック解体とともに子会社エッソ・イースタンを設立。この間 1948年にはサウジアラビアの原油生産会社アラムコに資本参加。1972年エクソンに改称。1999年モービルと合併し,エクソンモービルとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

エクソン【exon】

構造遺伝子の塩基配列のうち、タンパク質合成の情報をもつ部分。真核生物の遺伝情報は、情報をもたない塩基の配列(イントロン)によって DNA 中で分断されている場合が多く、この場合の情報をもっている部分をいう。エキソン。構造配列。 → イントロン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エクソン
えくそん
Exxon Corp.

アメリカの石油化学工業会社。世界最大規模の石油メジャー(国際石油資本)であったが、1999年エクソンに次ぐモービルとの合併を果たし、エクソンモービルとして新たに発足した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエクソンの言及

【遺伝子】より

…構造遺伝子の領域内にあって翻訳に関与しないこのようなDNA部分をイントロンintronまたは介在配列とよぶ。これに対し,翻訳にあずかるDNA部分をエクソンexonという。真核生物の構造遺伝子はふつう複数のエクソンとイントロンがモザイク状に配列したものであり,イントロンを包含しない原核生物の遺伝子とは内部構造が異なっている。…

【DNA】より

… これに対し真核生物DNAの転写では,ふつう一つの遺伝子に対して1本のmRNAが合成される。また,一つのタンパク質のアミノ酸配列に対応する塩基配列(エクソンexonと呼ばれる)の間に別の塩基配列(イントロンintronと呼ばれる)が挿入されている。イントロンはエクソンとともにmRNAに写されるが,その後,mRNAが熟成するときに切り捨てられる。…

※「エクソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エクソンの関連キーワードロイヤル・ダッチ・シェル・グループ[会社]ロイヤル・ダッチ・シェル・グループスタンダード・オイル[会社]エクソン・モービル[会社]ジョン・K. ジェーミソンエクソンスキッピング療法レックス ティラーソンプラモン・スティウォンサハリン1とサハリン2東燃ゼネラル石油[株]東燃ゼネラル石油(株)ジストロフィン遺伝子エクソンスキップ療法対米外国投資委員会プルドー・ベイ油田サファーニーヤ油田ロックフェラー財閥ゼネラル石油[株]セブンシスターズ東燃ゼネラル石油

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エクソンの関連情報